色で遊ぶ 透け感を楽しむ

バーチカルブラインドの人気は、スラットのデザインが豊富になったのも理由の1つでしょう。カーテンにも使えそうなドレープやレース生地はもちろんのこと、ルーバーにストライプやドットの加工をしてあるものやビーズをつけたものなど、様々な表情を楽しむことができるようになりました。

バーチカルブラインド
ビーズを使ったオシャレなルーバーで、遊び心を加えてみてもいいですね。(画像:川島織物セルコン)

バーチカルブラインド
ラッセル編みという手法を使ってドットやストライプを描き出したルーバー。光の描き出す模様も楽しんで。ラッセル編みはほつれることがなく、いつまでも美しいルーバーデザインが楽しめます。(画像:川島織物セルコン)

バーチカルブラインド
カラフルに色を変えても楽しいですが、ベージュ&ウオームグレイのシックな組み合わせで大人の空間に。(画像:川島織物セルコン)
また、一枚一枚のルーバーの色柄を変えることもできます。部屋のイメージに併せて、多様な色を選んでみたり、色味を絞って使ってみたり、自分オリジナルのバーチカルブラインドを楽しんでみましょう。

和にもおススメのすっきりライン

バーチカルブラインド
京の町家にもしっくり合うバーチカルブラインド。町家で見かける縦格子のようですね。ルーバーから洩れる光も美しさの一つに。(画像:川島織物セルコン)
モダンなインテリアにぴったりという印象が強いのですが、ルーバーの選び方で、案外、和風やアジアンなインテリアにも合います。
例えば和風には、障子紙や白木を思わせる、織りに温かみのある素材感ルーバーを選びましょう。縦スラットのすっきりとしたラインは、障子の桟や格子をイメージさせます。その場合、上部のメカ部分をカーテンボックスなどで隠すなどの工夫をすると良いでしょう。

組み合わせを楽しむ

同じ部屋に大きな掃き出し窓と小さな窓が混在して設置されている場合がありますね。バーチカルブラインドは縦ラインを強調する窓掛けなので、ある程度高さのある窓にかけたほうが見栄えがします。また、小さめの窓は、バーチカルブラインドの設置が不可能だったり、スラットの枚数が限られバーチカルブラインドの魅力を引き出せないことがあります。

そんなときには、バーチカルブラインドと同じようにすっきりとした印象のロールスクリーンやローマンシェードを使ってはいかがでしょう。バーチカルは縦ラインが特徴なので、横のラインをあまり強調しないようにすると良いですね。
バーチカルブラインド
バーチカルブラインドとロールスクリーンなどを同じ生地でも作成可能な商品もあります!(画像:川島織物セルコン)


痛んだら取替えを

バーチカルブラインドはルーバーが縦なので、横スラットのベネシアンブラインドに比べて埃が溜まることは少ないでしょう。ルーバーについた埃は、はたきなどで払います。汚れや痛みがひどい場合には、ルーバーの取替えをしてみましょう。バーチカルブランドはルーバーを一枚一枚取り替えるということもできますよ。


いかがでしたか。今回、バーチカルブラインドの記事を書くのにあたって、株式会社川島織物セルコンに話を伺ったところ、この秋には、プリント地を使ったものや裏表で色が違うリバーシブルタイプなども発表予定だそう。ますますバーチカルブラインドの人気が高まりそうです!

バーチカルブラインドを扱うメーカーをいくつかご紹介しましょう。その他、代表的な窓掛けメーカーでもご紹介しています。

川島織物セルコン→上品にデザインされたルーバーが豊富。秋には新作が!
クリエーションバウマン→バーチカルブラインド人気の火付け役。オシャレなアイテムが沢山揃っています。
タチカワブラインド→ラインドレープとしてまさにカーテンの代わりになるようなルーバーが揃っています。
TOSO→シンプルなデザインのバーチカルブラインドが豊富。

【関連ガイド記事】
ブラインドを使いこなす→ブラインド仲間のベネシアンブラインドについてご紹介!夏の暑さ対策にもブラインドはいかが?
ブラインドもシェードもテイスティング!→バーチカルブラインドもショールームで確認するのが一番。タチカワブラインドのショールーム紹介です。

【関連INDEX】
窓装飾を学ぶ→ブラインドやカーテンについて選び方、特徴はこちらで。

【関連サイト】
上質なシンプルシティのカーテン→All Aboutインテリアスタイル見本帖より。今回お話を伺った川島織物セルコンのカーテン生地の紹介です。モダンテイストでラグジュアリー感のあるfiloを一度ご覧あれ!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。