工夫が一杯!Yumiさんの家

マンションにお住まいのYumiさんさんの家は、古くて懐かしいようなアイテムに囲まれたシャビーなインテリア。玄関も、そんなイメージが伝わるようにといろいろな工夫をしています。

玄関インテリア
マンションによく見られる廊下と一続きの玄関。タタキ部分のスペースは150cm×100cm程度だそう。(画像:Sweet*Home)
マンションは、もともとモダンなインテリアがベース。求めるイメージに合うように少しずつ手を加えているそうです。玄関のタタキには、御影石が張られていたそう。その冷たい印象を変えたくて、焼き物風タイル柄クッションマットを置き敷きし、接着テープで止めたそうです。柔らかな色合いで雰囲気がやさしい感じになっています。
玄関インテリア
玄関収納の棚はギャラリー風に。好きな古いものを美しく飾って(画像:Sweet*Home)
玄関ドアを入ってすぐのところにある玄関収納も、もとはモダンなデザイン。御影石のカウンターの上には、無垢のパイン材を置いて雰囲気つくりをしています。

収納のカウンター部分はちょうどよいディスプレイスペース。好きな小物を飾ったり、クリスマス用の飾りをしたり飾りつけを楽しんでいらっしゃるようです。玄関部分にこのようなディスプレイがあると、『リビングはどんな感じ?』と期待感も高まりますね。
こちらはあまり広い玄関ではありませんが、収納方法を工夫して、使いやすく自分らしい空間づくりをしています。見習いたいのはフック使い。玄関から廊下にかけて、フックを設置して、バッグや、お気に入りのドレス、小物類のディスプレイを楽しんでいます。よく使うものもフックに掛けるだけなら、さっと取り外せて便利です。

ただし、見せながら収納する場合には、アイテムのデザインにも心配りを。Yumiさんのように、部屋のイメージにあったものを選ぶのが大切です!

玄関インテリア
左:子供用靴置き場の上には、普段使いのバッグをかけて。ディスプレイしたホウキも可愛いですね。右:その反対側の壁面にはアンティークのドレスを。ディスプレイとしてだけでなく、お出かけ前の洋服を掛けてコーディネートの確認にも便利だそう。(画像:Sweet*Home)


玄関インテリア
子供の靴はワイン箱を利用して(画像:Sweet*Home)
見せる収納が多いYumiさんの玄関が美しく見えるのは、物が定位置に納まっているからでしょう。例えば、散らかりやすい子供の靴は、出し入れがスムーズなように小さな靴だなを作って収納。合わせてミニカーも飾って、『自分の靴だな』という印象になり、子供も喜びそうですね。


次はゆったり広めの玄関のあゆみさんの家をご紹介します。あゆみさん宅はシンプルで優しい玄関>>