BoConcept 上海
家具市場にも程近いBoConcept のフラッグショップにて。画像の右が店長のAlexさん
上海のフリーマガジンWhennever
主催で、北欧家具の「BoConcept」が上海で1月28日にインテリア講習会を行いました。そのセミナーからBoConceptが提案する2010年の最新インテリアと、ディスプレイのアイディアをお届けします。

注目色は黄色

BoConcept 上海
マスタードイエローはいろいろな家具に使われていました
100年の歴史を持つデンマークの家具ブランド「BoConcept」は、たくさんある北欧家具のブランドの中でも、都会的なモダンなデザインのブランドです。そのBoConceptが提案する2010年のインテリアのポイントは「黄色」だそう。

その黄色もビビットな黄色ではなく、自然な色合いの芥子色=マスタードイエローを今年の色として提案をしています。

黄色はHappyカラー!

BoConcept 上海
Mania Mixというコンセプトでコーディネートされたスペース。明るく楽しい気分になるインテリアです。

BoConcept 上海
多色使いのクッションやスルー、ラグなどを組み合わせて。色数が多くなるので色のトーンは揃えるのがベター。
「黄色という色は暖色なので温もりを感じるだけでなく、向上心や元気がわく色なんですよ。」とショップでコーディネートを担当するDorothyさん。「この黄色は黒と組み合わせてもいいですが、白と組み合わせると明るくHappyな気分が強くなります。さらに黄色だけでなくたくさんの色も合わせるのが今年流なんですよ」

色を加えるときに注意したいのが分量。「目安としては、ベースとなる色を7割、色として加える部分を3割にするといいでしょう。」

BoConceptで今年の一押はMania Mixという名のインテリアスタイル。「色を何色も使うだけでなく、素材も様々なものを組み合わせた賑やかで楽しいスタイルなんですよ。中国名では五彩都市という名がついています。」ショップのコーディネートでも、 素材感も金属や木、ガラスといった異素材を組み合わせて、変化のあるインテリアを演出しています。

Mania Mixのようなたくさんの色や違った素材を組み合わせるスタイルでは、素材・色・デザインの切り口のいずれかに共通点を持たせるとうまくまとまりますよ。

Dorothyさんから、「インテリアはいつも同じではつまらないので、手を加えて変化を楽しんでください。」というアドバイスもありました。


次ページでは、インテリアを楽しむためのディスプレイテクニックをご披露します!
基本は三角形で>>