四季の移り変わりが楽しめるバルコニーが
いまや犬の大のお気に入りに!



伊坂デザイン工房の伊坂重春さんが設計した代沢の「竹田+並木邸」は、桜並木の遊歩道に面した絶好のロケーションにあります。ここには以前、テレビドラマのロケ場所として使われた純日本風の家屋が建っていました。持ち主で書道の師範でもある竹田さんと娘夫婦の並木さんとが、同居にあたり二世帯住居に全面改築したのがいまの竹田+並木邸です。

ここに愛犬のロビンちゃんを迎えたのは、じつは新築が終わったあとのこと。
メーカーに勤める並木さんは、新築してすぐインドへの赴任が決まってしまい、駐在中のインドでロビンちゃんを買って連れ帰ってきたそうです。だから純粋な意味では犬のためにと考えて設計された住宅ではありません。だけど、新しい家があるからこそ、そしてその家が犬を迎えるのにピッタリの条件を備えていたからこそ、その気になったということはあるでしょう。

家の眼前にある代沢の桜並木の遊歩道は、自然環境をそのまま再現した小川の流れる快適な散歩コースで、そこには小魚が泳ぎ、サギや鴨もやってきます。竹田+並木邸はこの遊歩道に面した絶好の花見用バルコニーを持っていますが、そこはロビンちゃんにとってちょうどいい物見台になりました。
ワンワンワン!…下をゆく散歩中のワンちゃんたちにバルコニーからご挨拶するのが 彼の日課というわけです。
「前に飼っていた犬は外飼いだったので、建築時に犬のことはあまり考えなかったん ですけど、結果的に大きな吹き抜けで全体がつながった一室空間の家ですから、ロビ ンは好き勝手に走り回れるし、広いベランダやそこに出るためのブリッジなどは格好 の遊び場になりましたね」とは、ご主人の並木俊彦さんの弁です。