ダウンロードと同時に案内ページを表示させるには

ファイルのダウンロードと同時に案内ページを表示させるには、具体的には以下のような手順でページ移動(読み込み)が行われるように作ります。

『読み込みの流れ』リンク元のページ→(通常のリンク)→案内ページ→(自動移動)→ダウンロード用ファイル
 

「ダウンロードさせたいファイル」(download.zip)へ直接リンクするのではなく、まずは「案内ページ」(download.html)にリンクします。
そして、案内ページでは、「ダウンロードさせたいファイル」(download.zip)へ自動的に移動するよう記述しておきます。

すると、案内ページが表示された直後に、ファイルのダウンロード処理が開始されます。 (※たいていは、ダウンロードするかどうかを問うダイアログが表示されます。)

こうすることで、「ファイルのダウンロード」と同時に「案内ページが表示」されるように見えます。

案内ページから自動的にダウンロードを開始させるには

案内ページから、「ダウンロードさせたいファイル」へ自動的に移動させるには、以下のようにmeta要素を使って記述するのが楽です。

<meta http-equiv="Refresh" content="1;URL=sample.zip">

上記の1行を、HTMLのhead要素(<head>~</head>)内に記述します。
すると、ページの表示から「1秒後」に「sample.zip」へ自動的に移動されます。 つまり、『1秒後に、sample.zipのダウンロードが始まる』ようになります。
※URLは「http://」から記述しても構いません。

上記では、URLの前に記述する数値に「1」を指定しているので、「1秒後」にダウンロードが始まります。 この値には「0」を指定しても構いません。その場合は、ページの表示とほぼ同時にダウンロードが始まります。 (実際には多少のずれがありますが。)

通常のリンクも併記

なお、何らかの事情で自動移動できなかった場合や、閲覧者が自らの操作で中止した場合でもダウンロードを開始(再開)できるよう、 以下のような通常のリンクも表示させておきましょう。

ダウンロードが開始されない場合は、下記のリンクをクリックして下さい。
<a href="sample.zip">ダウンロード</a>

記述方法、掲載方法の例については、サンプルページの表示やHTMLソースも参考にして下さい。

おわりに

今回は、「ファイルのダウンロード」と同時に「案内ページも表示」させる方法をご紹介いたしました。 ダウンロードしたファイルの説明を表示したい場合や、長いダウンロード時間に広告を表示させたい場合などにご活用下さい。




■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。