.htaccessファイルを作ると、認証・転送・制限など特殊な機能が実現可能

ウェブサイト上に「.htaccess」という特殊なファイル名の設定ファイルを設置すると、アクセス制限やユーザー認証、リダイレクト(自動転送)、404や503などのエラーページを独自の内容に変更するなど、特殊な設定やカスタマイズが実現できます。

.htaccessファイルの書き方はとても簡単
この「.htaccess」ファイルの実体はテキストファイルです。そのため、下図のようにWindows付属の「メモ帳」で中身を閲覧したり編集したりできます。役割は特殊ですが、HTMLやCSSと同じようにテキストエディタで扱えるため、ファイルの作成も設定の記述もとても簡単です。

「.htaccess」ファイル1つで様々な特殊機能が実現可能。中身はただのテキストデータ

「.htaccess」ファイル1つで様々な特殊機能が実現可能。中身はただのテキストデータ


設置できる(記述した設定が有効になる)環境・条件
この「.htaccess」ファイルによる特殊な設定は、ウェブサーバとしてApache(アパッチ)と呼ばれるソフトウェアが使用されていて、サーバ管理者が「.htaccess」ファイルの設置を許可していれば使用できます。

レンタルサーバではたいてい利用可能です。プロバイダ提供のスペースや、フリーのウェブスペースでは利用できない場合も多くありますが、多少の機能制限はあっても利用可能な場合もあります。お使いのサーバで利用可能かどうかは、ヘルプドキュメントなどを探してみて下さい。

「.htaccess」ファイルでの各種設定が利用可能かどうかは、サーバのヘルプに記載がある

「.htaccess」ファイルでの各種設定が利用可能かどうかは、サーバのヘルプに記載がある



 

.htaccessファイルの活用方法いろいろ

この「.htaccess」ファイルを使った具体的な設定方法は、以下に挙げる記事でも解説しています。ぜひ本記事の解説内容(=「.htaccess」ファイル自体の書き方と設置方法)と併せて、これらの記事もご参照下さい。

IDとパスワードの入力を求めるユーザー認証機能を追加できる
IDとパスワードの入力を求める

IDとパスワードの入力を求める

「.htaccess」ファイルを使えば、ウェブサイト内の特定のページやディレクトリに対して、アクセス時にIDとパスワードの入力を求めるユーザー認証機能を加えられます。この認証機能を使えば、閲覧者を限定した会員制コーナーなどが簡単に作れます。
→記事「Basic認証(基本認証)でアクセス制限をかける方法


 
指定のURLへ自動転送(リダイレクト)できる
指定のURLへ自動転送

指定のURLへ自動転送

ウェブサイトを移転した際や、サイト構造を作り替えた際には、旧URLへのアクセスを一括して新URLに自動転送できると便利です。そのような自動転送(リダイレクト)処理も、「.htaccess」ファイルを使えばわずか1行の記述で簡単に実現できます。
→記事「移転先へ自動移動(転送/リダイレクト)させる方法


 
PCとスマートフォンなど、指定条件でコンテンツを切り替えられる
アクセス環境に応じて振り分け

アクセス環境に応じて振り分け

「.htaccess」ファイルを使えば、リダイレクトに条件を加えることもできます。例えばスマートフォン利用者を自動的にスマホ専用サイトへ誘導するような、閲覧環境に応じてコンテンツを自動で切り替える機能も作れます。
→記事「PC版とスマートフォン版サイトを自動振り分けする方法


 
Not Foundなどのエラーメッセージを独自の内容にカスタマイズできる
エラーページの内容を独自に作る

エラーページの内容を独自に作る

誤ったURLを指定した際の「404 Not Found」エラーや、サーバが混雑している際の「503 Service Temporarily Unavailable」エラーなどの各種エラーメッセージは、「.htaccess」ファイルを使えば独自の内容に置き換えられます。
→記事「Not Foundなど エラーページの変更(カスタマイズ)方法


 
特定のディレクトリやファイルへのアクセスを阻止できる
特定ファイルへのアクセスを拒否

特定ファイルへのアクセスを拒否

各種ツールのシステムが格納されているディレクトリのように、誰にもアクセスして欲しくないファイルをウェブ上に置かざるを得ないこともあります。そのような場合でも「.htaccess」ファイルを使えば、指定ファイルへのアクセスだけを拒否できます。
→記事「指定ファイルへのアクセスを拒否する方法


 
自分や関係者以外がアクセスするのを防げる
第三者のアクセスを拒否する

第三者のアクセスを拒否する

自分だけが使うツールのログイン画面や、特定の仲間内だけで利用するシステムなどは、自宅内・学校内・会社内などのような特定の場所からしか閲覧できなくしておくと安全性を高められます。このような、場所を限定したアクセス制限も「.htaccess」ファイルを使えば簡単です。
→記事「ログインページに他人がアクセスするのを拒否する方法


 
.htaccessファイルに書くだけで実現できる様々な機能
そのほか、本稿執筆時点では単独の記事にはしていませんが、以下に挙げる設定もできます。

  • デフォルトファイルの名称を「index.html」以外にする (※次のページで紹介)
  • デフォルトファイルがない場合に、ファイル一覧を表示する(またはしない)
  • CGIやSSIを有効にする(または無効にする)
  • 動的に生成されたページを、静的ページであるかのように見せかける

.htaccessファイルの作り方・設置方法・トラブル対処方法

今回は、この「.htaccess」ファイルそのものの作り方と、書き方の例、設置方法、エラーが出た場合の対処方法についてを、下記の順でご紹介いたします。

【本記事の目次】
1. .htaccessファイルの作り方と書き方 (p.2)
2. .htaccessファイルの設置(アップロード)方法 (p.3)
3. .htaccessファイルによってエラーが出てしまう場合の対処方法 (p.4)