できちゃった婚の結婚式は妊娠6カ月目が一般的

妊娠がわかってから結婚するいわゆるできちゃった結婚では、結婚式を行うか行わないか、行うとしたらいつごろがいいか、というのが問題となってきます。もし行うとなった場合は、出産前か後かということになりますが、圧倒的に多いのは出産前。母体が比較的安定しており、しかもおなかがそれほど目立たない妊娠6カ月目くらいというのが一般的なようです。

できちゃった婚の新しい選択。子づれリゾ婚
4カ月で結婚式の準備?
ただ、妊娠が判明した時点ですでに妊娠2カ月目に入っていますから、6カ月目あたりに結婚式をしようと思ったら、準備期間は4カ月くらいしかありません。この間に結婚式の会場を探して、結婚式の準備をして、並行して新生活や出産の準備もして……となると、もう目の回るような忙しさです。

そのうえ、つわりなどがひどかったりすると、もう結婚式どころじゃな~い!という状況になってしまうことも。実際「結婚式をしようと思っていたけど、体調が安定しなくて断念した」という人の話も聞いたことがあります。

出産後の結婚式の前に立ちはだかるハードル

体調が不安な時期に結婚式をするのは心配、結婚式準備で体調を崩しては元も子もない、新生活&出産準備に手いっぱいで結婚式まで気が回らない、経済的にちょっと不安……etc.というふたりにとっては、出産後に落ち着いてから結婚式をあげるという方法もあります。

いままでも出産後に赤ちゃんのお披露目をかねて結婚式をするという人はいましたが、どちらかというと少数派。これは、出産前は「落ち着いたら結婚式を」と思っていても、出産後は育児にてんてこ舞いでそれどころではない……という人が少なくないからでしょう。

それに、育児をしながら結婚式の準備をするというのもなかなか大変なもの。結婚式に多額のお金を使うなら、子どものために貯蓄したほうがいいのでは……?という気持ちも、当然のことながら芽生えてきますしね。

出産後の結婚式にはこうした生活面や心理面のハードルがあり、なかなか実現しないことが多いのです。

出産後結婚式の悩みを解決してくれるのは……