プランナーが結婚式の成否を握る

ウエディング・プランナー
頼れるウエディング・プランナーを見つけるには?
ウエディング・プランナー(WP)とは結婚式の計画を作り、それを実現させるために取り仕切ってくれる人のことを言います。かつては「婚礼企画担当者」などと呼んでいましたが、最近ではホテルや結婚式場などでもウエディング・プランナーと呼ぶところも増えてきました。

会場によって異なりますが、ウエディング・プランナーは担当制をとるところが多いよう。つまり、一度決まると結婚式まで長いお付き合いになります。相性の良い、頼れるプランナーにあたれば問題ありませんが、もしそうでなかったら…? 結婚式の成否を握るともいえるウエディング・プランナー。その見極め方をお教えしましょう。

POINT1 聞き上手かどうか

まず重要なのは、聞き上手かどうか。会場のアピールをするのはけっこうなのですが、そのことばかりを話し過ぎるのも考えもの。ふたりの希望にあった結婚式を実現させるのがプランナーの仕事なのですから、ふたりの話を聞けないプランナーは考えもの。ふたりから上手に話を聞き出して、「それだったら、うちはこうですよ」というふうに話を広げてくれるプランナーがベストでしょう。

POINT2 自社のやり方を押し付けないか

POINT1とも少しかぶってくるのですが、ふたりの話をあまり聞いてくれないプランナーは、往々にして自分たちのやり方を押し付けがちになる傾向にあるようです。それでは一体誰のための結婚式なのかわかりませんよね。ふたりの希望はそっちのけにして、「いまはこれが流行りです」と、自分たちがやりたい結婚式を押し付けてくるプランナーは要注意といえるでしょう。

POINT3 何でも安請け合いしないか

とはいえ、ふたりの希望を何でも請け負ってしまうプランナーも困りもの。たとえば、やりたい演出がいっぱいあったとします。でも、全部やってしまうと、食事の時間がしっかり確保できなかったり、プログラムのつなぎが悪くなってしまったりということも。そんな時には、「こうしたほうがもっとよい結婚式になりますよ」と、アドバイスできるプランナーがマル。「はいはい」と自分たちの言うことをなんでも聞いてくれる人が良いとは限らないということを覚えておきましょう。

POINT4 さりげない提案ができるか

ウエディング・プランナーというぐらいですから、いろいろなプランを持っていてしかるべき。ふたりの希望を聞いたうえで、気に入りそうな演出プランやアイデアなどを提案してくれれば、非常に優秀なプランナーということができるでしょう。出しゃばりすぎず、控えめすぎず。このバランスが大事。

POINT5 「この人にお願いしたい!」と思えるか

なんだかんだと言ってきましたが、肝心なのは相性。そのプランナーと気が合うかどうか、というのが大切だと思います。「この人にぜひ私たちの結婚式を任せたい!」というくらいほれ込める人に出会えたら、結婚式は成功したも同然。

なお、担当が決まった後で、「どうもこの人とはしっくりこない」と思ったら、担当を変えてもらうのもひとつのテです。変えてもらうときは気まずさがあるかもしれませんが、一生に一度の結婚式ですから、そのあたりは多少ワガママになっても、いいのではないかと、私は思います。

■「結婚式」サイト内での関連リンク集
必勝! ブラフェア攻略法
ブライダルフェアに行こう!
結婚式までのダンドリスケジュール 今年こそ結婚するぞ!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。