評価が分かれるカタログ式ギフト

ゲスト一人ひとりにあわせた引き出物をあげたい、という希望をある意味かなえてくれるのがカタログ式ギフトです。ゲストはカタログの中から好きな品物を選び、ハガキを投函。そうすれば、後日その品物が届くという仕組みです。

ゲストそれそれが好きな品物を選べるし、結婚式当日は重い引き出物を抱えて帰らずにすむしと、メリットは大きいといえるでしょう。ただし、このカタログ式ギフト、いいという意見も多いのですが、否定的な意見もあります。

否定的な意見を拾ってみますと、「カタログ内に欲しい品物がない」「引出物は結婚式の記念だと思っているので、カタログ式ギフトでは新郎新婦の“顔”が見えずつまらない」という声が多いよう。「カタログ内に欲しい品物がない」という意見は、数多く結婚式に出席している人に多くみられます。

また、年配者や地方によっては「引出物は重くないとだめ」という考えを持っている場合がありますので、そうした考えの方にはやはりカタログ式ギフトは不評のようです。

こんな引出物は最悪だ~!

引出物イメージイラスト
かつては尾頭付きの鯛なんてのも引出物としてつけられていたことがあります
せっかく贈るのですから、招待客に喜んで欲しいというのは誰もが考えるところ。ですが、何を間違ったのか「この引出物サイアク!」と思われてしまう品物を贈ってしまうカップルも少なからずいるようです。

招待客側の趣味嗜好などによって「サイアク」と思われるのは致し方のないところですが、多くの人が敬遠する引出物というのも存在します。それはズバリ、新郎新婦の似顔絵や写真、名前などが入っている品物。確かに引出物はふたりの結婚の記念に贈るものではありますが、似顔絵や写真入りというのはちょっとやりすぎかも……。

また、新郎新婦のこだわりや趣味をおしつけるような品物も喜ばれない傾向にあるようです。たとえば、ふたりで手作りした器。どちらかが陶芸家というのなら話は別ですが、いくら心がこもっているとはいえ、素人が作ったいびつな器はもらってもあまりうれしくないと感じる人が多いようです。




■「結婚式」サイト内での関連記事&リンク集
超人気ショップで引菓子を手作り
引菓子の王様・バウムクーヘン
“持ち込み”のからくりに迫る!
引出物

■オールアバウト内での関連リンク
気持ちが伝わる、和の引き出物 by「ギフト」サイト
こだわりのギフト選び by「スタイルストア」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。