【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

結婚式の引出物の定番・オススメは、やはり「食器類」 

cup
引出物の王道はやはり食器類
結婚式の引出物にはどういった商品が選ばれているのでしょうか? 引出物の王道はやはり、新生活を始める2人にふさわしい食器類です。

昔は、割れ物や刃物は「2人の仲が壊れる」とか「関係が切れる」ということが連想されるため、婚礼の引出物にはタブーとされていましたが、最近はあまり気にしなくなっています。そのため、選択肢もかなり広がりました。

●陶製やガラス製の食器類
●キッチンツールなどの家庭用品類
●インテリア小物、ステーショナリー類
●カタログギフト
……などは人気です。

結婚式の引き出物は全員に同じものを贈るのが基本でしたが、今ではゲストの年齢や性別、生活状況に合わせて選んだ品物を贈ることも一般的になりました。感謝の気持ちを伝えるための贈り物は相手が喜ぶものがベストですから、年齢や性別に合わせて選ぶのがオススメです。


相手にあわせた、喜ばれる引き出物の選び方のコツ

喜ばれる贈りものを選びましょう

喜ばれる贈りものを選びましょう

例えば、独身の男性の友人なら料理をしない人でも確実に使ってもらえるマグカップを、伯父さん夫婦なら日常の食卓で使ってもらえる和食器のペアセットを、という具合です。相手の生活を想像して選ぶとより喜んでいただけるモノが分かるはず。

カタログギフトは、相手に好きな商品を選んでもらえることや、コンパクトで軽いことが人気を呼んでいますが、2人らしさを盛り込むことが難しいというところもあります。親しい関係の人だと少々味気なさを感じるかもしれませんね。友人にはモノ、ご親族や会社の上司にはカタログなど、年齢が上の方への引出物に困った場合に部分的に利用しても良いかもしれませんね。


かつてはNGだった「消えモノ」も最近はアリに!

soap
消えモノも今や引出物として贈ることが増えている
消えてなくなるものは、「2人の結婚生活の解消」を連想させるので、かつてはタブーでした。

しかしブームにあやかり、石鹸やバスソルトなどのバスグッズ、アロマテラピーのグッズなど、いわゆる「消えモノ」も引出物として登場しています。

ちょっと高級な消えモノを贈れば、わざわざ買わないけれど使ってみたかったとか、いつもと違う種類がもらえて嬉しい、などと喜ばれることでしょう。ただし、ご年配の方には少々難があるかもしれませんのでご注意を。