ほかでは味わえないタイの珍料理に、おもわず舌鼓


JR御茶ノ水駅、地下鉄本郷3丁目駅から徒歩10分のところにあるタイ料理店『 ThaiClassic 』は、本場タイの味をアレンジすることなくそのまま再現するお店。

本場の味をそのまま再現しているお店は最近増えてきましたが、このお店ではなんと、タイでは一般的に食べられているけど日本ではあまり見かけない、蟻の卵かえるをつかった“ 珍料理 ”が食べられるのです!!

蟻の卵やかえる料理と聞いて、“あぁ~、ゲテモノ料理専門店ね~。”と、つい顔をしかめてしまったあなた、ちょっと待って★


このお店は、あくまで本場タイの味を忠実に再現するお店。
タイ人がおいしい!と普段からあたりまえのように食べている料理を、ぜひ日本のみなさんに知っていただきたいというおもいから、珍料理をだすようになったのです。
わたし達からみてついゲテモノとおもってしまっても、食文化の違いだけで、蟻の卵やかえるはタイでは普通においしいと食べられているもの。
日本では刺身をあたりまえのように食べていますけど、他の国では魚を生で食べるなんてとんでもない!とおもわれていることとおなじなのです。


ではタイの珍料理の数々をご紹介していきますね♪
本場タイのすばらしい食文化に、少しでもふれてみてください。



■ 蟻(あり)の卵のサラダ ■

おもにタイの東北部で食べられている料理。蟻の卵を炒めて、ピリッと辛い味つけで仕上げた温かいサラダ。
蟻の卵は大切な蛋白源としてタイでは頻繁に食べられています。
白くみえるのがすべて蟻の卵デス。


■ 豚耳のサラダ ■

沖縄料理の“ミミガー”といったら豚耳。豚耳を食べたことのあるかたは多いかとおもいますが、このお店の豚耳は茹でたものではなくて、スモークしたものをつかいます。
たくさんの野菜とあわせて、ピリっと辛みのきいた刺激的な味で仕上げたサラダ。


■ イナゴのから揚げ ■

大きいもので5cmはあろうかというイナゴを揚げて、さわやかな香りのハーブとタイの少し甘いしょうゆにからめた料理。
あたまの部分だけとっていただきます。
これはビールのおともに最高♪


※タイでは虫をよく食べます。
市場では虫専門店まであるほどで、大きないれものに山盛りに盛られて売られています。
それだけタイでは人気がある食材なんですよ!


このあともまだまだタイの珍料理はつづきます♪