家庭で用意しておくべき災害時の準備用品リスト

避難生活で必要なものは、個人、家庭によって異なります

避難生活で必要なものは、個人、家庭によって異なります

大規模な地震災害が発生してライフラインが止まった場合、公的な支援が行き渡るまでに、家族の生命・健康を維持するために、どのようなものを準備しておけばならないのでしょうか。以下、具体的にリストアップしていきます。

■飲料水 
1人1日3リットルが目安(家族3人で2リットルペットボトル12本~18本用意。飲用のみで3~4日分)。

■非常食
保存期間が長く火を通さないでも食べられる食品(レトルト食品、インスタント食品、クラッカー、缶詰など安価な日用品をストックして古いものから消費していけば良い)。保存可能期間2年~5年のものが理想的。

■医薬品
常備薬、三角巾、包帯、ガーゼ、脱脂、ばんそうこう、はさみ、ピンセット、消毒薬、整腸剤、持病のある方はその病気のための薬(薬品名のメモも)。小児、高齢者のいる家庭は別途必需品を用意。

■衣類
重ね着のできる衣類、防寒具、毛布、下着類、靴下、軍手、雨具、カイロ。

■停電時用
懐中電灯、ろうそく、マッチ、携帯ラジオ、予備の電池。携帯ラジオは手巻きの充電式が便利。最近のものは携帯も充電できる。

■避難所への持ち込み用グッズ
着替え、毛布、布団、寝袋、タオル、ティッシュ、ウエットティッシュ、ビニール袋、生理用品、筆記具(油性)、食器類、スプーン。

■緊急時の避難・救助用
笛、コンパス、ナイフ、ロープ、懐中電灯、シャベル、バール、ノコギリ、ハンマー等の工具。

■貴重品
現金(硬貨)、身分証明書、預貯金通帳、印鑑、権利書、各種カード、保険証など 。

■長期避難用アウトドアグッズ(キャンプ用品で可)
燃料、卓上コンロ、ガスボンベ(予備ガスは多めに用意)、固形燃料、調理用具、寝袋、洗面用具、トイレットペーパー、古新聞紙、バケツ、ラップ、ビニールシート 断水に備えて携帯用トイレ・簡易トイレ(マンション住民は必須)、紙袋、ビニール袋、布袋(所持品整理用)。

■役に立つ日用品
布粘着テープ(油性マジックを使ってメモに使用したり、ガラスの破片を取るときに利用できる)、ラップ(水不足の時に食器に使用、保存など多用途に使える)、梱包用ひも、風呂敷、ダンボール。
 

非常袋に入れておくべきグッズ(一次持ち出し品)

  • 飲料水(500mlペットボトル数本)
  • 非常食(菓子類・ゼリー状の食品)
  • 医薬品(消毒薬、三角巾、胃薬、解熱薬など)
  • 簡易食器セット(家族分)
  • 衣類(防寒具)
  • 懐中電灯
  • 携帯ラジオ
  • 電池
  • 現金(10円玉も)
  • 貴重品
  • ローソク・マッチ・ライター
  • ロープ
  • ビニールシート
  • 雨具
  • ナイフ、ハサミ
  • タオル(大小)
  • 洗面道具(旅行用で可)
  • ウェットティッシュ
  • ビニール袋
  • 携帯電話用バッテリー
  • コンパス
  • 筆記具
 

災害時にあると便利なグッズ(二次持ち出し品)

  • 裁縫セット
  • ランプ、ランタン、ヘッドランプ
  • カイロ
  • サバイバルシート
  • 折り畳みポリタンク
  • 車輪付き旅行バッグ
  • 台車
  • かご付き(荷台付き)自転車
  • 小型バイク
  • キャンプ用品一式(テント、寝袋、バーベキュー用品一式)
  • 非常用浄水器(町内会やマンション自治会などで用意)
 

避難所生活において、あると快適に過ごせる便利グッズ

耳栓、安眠マスク、携帯マクラ、菓子類

【合わせて読みたい「防災」関連記事】
防災グッズで変わる避難生活、本当に必要なモノ
非常用ラジオで災害時に正しい情報を入手しよう
非常用の水・食料は3日分で足りるのか?
場所別・地震対処法!ビル・エレベーター・電車内など
場所別・地震対処法!住宅街・商店街・河川付近など
誤報続きの緊急地震速報、鳴ったら結局どうすべき?

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。