首都圏有数の私学トップ校、渋谷教育学園幕張高校

一人ひとりの個性を伸張し、学力も伸ばすのが私立高校の特徴

一人ひとりの個性を伸張し、学力も伸ばすのが私立高校の特徴

1983年、幕張新都心の地に創設。その3年後に「一人ひとりを大切にして個性豊かな人間を育てる6カ年の統合された中高一貫教育」をねらいとして附属中学校を開校した。

教育目標に「自調自考」の力を伸ばす、倫理観を正しく育てる、国際人としての資質を育てる——の3つを掲げ、創設26年にして首都圏有数の私学トップ校としての地位を築く。

開校以来国際教育が充実しており、長・短期の海外留学をはじめ、中国への修学旅行、高1の海外研修旅行としてベトナム、イギリスなど。海外からの帰国生も広く受け入れるほか、ベトナム、シンガポール、中国、ニュージーランドなど各国からの留学生受け入れを積極的に実施。

進路指導も国内外の大学進学を視野に入れて行っており、海外大学体験談として欧米の大学に進学した先輩を招いての講演会などを開いている。

ゆとりの敷地内では施設・設備が充実。グラウンド・体育館は各二つ、温水プール・サウナ・トレーニングルームを備えたプール棟、図書館は英語図書が充実し、自習室も確保。理科棟には物理・地学等各研究室が集まり、CD-ROM対応大型テレビを各教室に3台設置されている。

校則も少なく自由でのびのびとした校風。自らの興味・関心に向かって積極的に学ぶ生徒に適した学校といえよう。