【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

真面目で努力家の女性ほど恋愛でうまくギャップが見せられない!?

ギャップ
好きな人に素直に甘えられますか?
「恋愛」ガイドという仕事柄、恋愛の悩みを聞く機会があります。最近、気になったのは「見た目で遊んでいるように思われるけど、実際はそんなことない」「かわいい仕草で甘えたりすればいいんだろうけど、そんなキャラじゃないし」など、恋愛において外見と内面のギャップで自分は損をしていると感じている女性が多いことです。

仲間の集まりで仕切ったり、仕事で努力しているうちに、しっかり者の姐御キャラになっていたり、昨今の男受けファッションやメイクに抵抗があるなど、理由はそれぞれあるようです。

相手の意外な一面を知って恋に落ちる……というのは、よくあるパターン。外見と内面のギャップを生かさないなんて、もったいない! それに、ギャップがある人ほど、本当の自分を理解してほしいという気持ちが強かったりもします。今の自分を否定したり変えたりするのではなく、上手に内面を伝えるにはどうしたらいいのか。本当の自分を理解して愛してくれる人を探すための方法を今回は考えていきたいと思います。

自分のキャラ、タイプを決めつけていませんか?

人から見られている自分と、こういうキャラだと思いこんでいる自分。意外と違っていることが多いんです。たとえば「人見知り」の場合。初対面だけど和気あいあい笑顔で会話、その場の雰囲気を明るく和ませて最後に「私って、人見知りだから」と言われても、「これだけ頑張ってくれれば、人見知りには入らないんじゃない?」と答えたくなりませんか? 

「自分はこんなキャラだから」「私って○○だし」などと、間違って思い込まないようにしましょう。同じように、相手のことも「この人は○○タイプ」などと、勝手にカテゴライズするのはやめましょう。

また、人見知りではいけない、みんなを楽しませなければ! と頑張ることで、本当の自分をどんどん見せられなくなってしまいます。人見知りでも、口べたでも、何の問題もありません。おしゃべりするのが苦手だったら、聞き上手を目指せばいいのです。


では、外見と内面のギャップ、どう見せる?