合コンにおける「ハズレ」って何だろう?

何がきっかけで人の出逢いが繋がっていくかわからない可能性を楽しむことが大事ですよ!
過去に合コンに何度か行った経験のある人にとって「当たり、まあ普通、ハズレ」の3つのパターンのいづれかに大きくは感情が分かれるのではと思われます。

「当たり」の合コンとは、当然ながら自分の好みの異性がいて、尚且つお互いに良いカンジになれた場合だったり、次につながる布石ができた、または単純に好きな人が現れたなど、常に自分の感情とリンクして判断されるものです。

「まあ普通」かなと思う感情は、完全にストライクな好みと出会えたわけではないけれど、みんなと一緒に楽しい時間を過ごせた場合です。恋人候補は見つけられなかったけど、友達感覚で一緒にゴハンを食べながら楽しい時間を過ごせたと言えます。

一方「ハズレ」だと思う大きな要因としては、全くもって参加者全員が自分の好みでなく、さらに会話も盛り上がらずで、つまらない時間を過ごした時に思う感情です。他にも自分好みの人が、他の子と盛り上がってしまい自分が入る余地がなく冷めてしまう場合にも同じく感じることでしょう。

すなわち合コンの楽しみ方って、基本は自らの感情によって大きく感じ方が変ってくるのも事実です。皆さんも思い当たるかも知れませんが、合コンで一目惚れしたり、さらにそれがすぐに両想いの関係に発展していくような「本当の当たり合コン」に出会う確率は、年齢が高くなっていくごとに低くなっていくものです。

そんな時でも、前向きに気持ちを切り替えて、楽しい時間にするための正しい大人の合コン方法をお伝えできたらと思います。

>それでは全くタイプがいなかった時の合コンの楽しみ方を探ってみましょう!