赤羽の憩いのおでん屋「丸健水産(まるけんすいさん)」

赤羽駅東口左手に「赤羽一番街」の入り口、その右側に「赤羽一番街シルクロード」という、見落としてしまいそうな小さな商店街がある。その中のどん詰まりの左手に「丸健水産」というおでん種専門店がある 。
画像の代替テキスト
夕暮れ時、サラリーマンで店先はいつも賑わう

昼は、おやつ代わりにおでんをつつく子供、持ち帰りの主婦、おばあちゃんで賑わっているが、日が暮れかかる頃、立ち飲みスタイルで、キャッシュオンデリバリーの飲み屋に変貌するのだ(昼間からも飲めるけど)。

創業は昭和33年。初代の頃はおでん種と持ち帰り用だけを販売していたが、現在切り盛りする二代目の主人になってから、お酒も提供するようになったそうだ。

ここで自家製される「はんぺん」は、平成8年「第49回全国蒲鉾品評会水産庁長官賞」を受賞した代物。お勧めはもちろん日本一の「はんぺん」。また「スタミナ(ニラ・にんじん・もやし・ゴマ・七味などが入った練り物)」、「さつまあげ」などの練り物も人気メニューで、はんぺんは注文を受けてからおでん鍋に投入し、客に提供する丁寧な仕事振りである。

ここで是非飲んでもらいたいのが、東京23区唯一の地酒、地元赤羽の「小山酒造」の銘酒、丸眞正宗の「マルカップ」だ。これをチビチビとやりながら、おでんをつつけば、もう至福この上ない。