カフェの店内写真

世界の映画と、各国のおいしいもの

ポルトガル語で「テーブル」を意味するタベラは、世界中の映画を配給してきたUPLINK(アップリンク)がプロデュースするカフェレストラン。飲食スペースの奥にはイベントスペースがひろがり、2階には映画上映のやトークショーがおこなわれるシアタースペースがあります。

タベラがお店を構えているのは、東急百貨店本店からNHK放送センターに向かう通りの「神山町東」交差点。
目印はストロベリーレッドに塗られた外壁とテラス。タベラでは色彩豊かなブラジリアン・コロニアル・スタイルが、東京らしい洗練を加えて表現されているのです。

店内に並ぶテーブルと椅子は、タベラのためにブラジルにオーダーしたもの。木の肌がぬくもりに満ちた味わい深い表情を見せているのは、現地に建つ古い家の壁などに使われていた木材を再生しているため。天板に描かれている褪せた優しい色調の花や果実が、独特の懐かしさを呼び起こしてくれます。

▼列車のコンパートメントをイメージした席も
カフェの家具の写真