スンダランドカフェの楽器

ライブを体感する時間

オーナーは音楽レーベルplants label代表、熊谷陽さん。長年、音楽のフィールドで制作マンとして活躍してきた熊谷さんで すが、"生活のなかで音楽を五感六感で感じること"をテーマにSUNDALAND CAFEをオープン。耳や目だけでなく、匂いや味や肌ざわりを通してその世界観を伝えています。

PA機材やDJブースを備えた店内では所属アーティストをはじめとするライブも多数。また、コンガ教室やスティールパン教室、コロンビア出身の作家による絵本教室なども催されて好評を博しています。

スンダランドカフェのスタッフ

ギターの音色と香り高いスパイスに導かれ、
ガストロノマドなぼくたちは西へ向かうバスに乗り込む

もうひとつ、ライブ感を満喫できるのが”世界を旅する料理人”を めざすシェフのカリボンこと鈴木克明さんが開く「SPICE」を テーマとした食と音楽、旅とアートのイベント。 その第7 回SPICEは~中央アジア~をテーマにバングラディッシュカレー 「KUMINSOUL(クミンソウル)」の横塚さんをゲストに招いたカ レー対決。ライブもカレーもトークも盛り上がり、カフェが異国の匂い たちこめる路地裏の屋台へと変貌を遂げたようです。

「2005年に旅したのはインド、タイ、トルコ。いちばん印象が強かったのは、カレーを食べることをテーマに出かけたインドでした。ゴアなどの田舎はもちろん、ムンバイなどの大都市でもビルの横な どで売られている野菜や肉が新鮮でいきいきしてることに驚きました」

そう話す鈴木さんは、旅で出会った味の記憶をもとにカフェのキッチンで料理を再現する際に、土地の文化も勉強しながら試作を重ねていきます。今後もスパイスの香りに誘われて東へ西へ旅をする遊牧民のように、多彩な味と、料理イベントが展開されていくことでしょう。

▼与五右衛門の畑から
スンダランド店内