青森で味噌ラーメンがカレーと出会った!

毎週欠かさず見ているのが読売テレビ『秘密のケンミンショー』。日本全国、各地域の風習や食習慣が出てくるので、毎回楽しみにしています。新潟県も『枝豆はザルに山盛りで食べる』という話が紹介されていましたが、日本全国これが当たり前だと思っておりました。

ラーメンも地域によっていろいろバリエーションが多いというのは知っていますが、びっくりしたのが青森の『味噌カレー牛乳ラーメン』。青森味噌カレー牛乳ラーメン普及会公式サイトによれば、青森市内のラーメン店『味の札幌』の裏メニューだったものが正規メニューになったものだそうです。

東洋水産 マルちゃん 味噌カレーミルクラーメン
そして12月1日に東洋水産から発売されたのが『マルちゃん 味噌カレーミルクラーメン』。牛乳を使っていないので、ミルクになっているそうです。青森味噌カレー牛乳ラーメン普及会公認商品です。
東洋水産 マルちゃん 味噌カレーミルクラーメンの中身
内容物はめん、粉末スープ、液体スープ、かやく、バター風キューブです。

粉末スープはカレー味、液体スープは味噌味のスープです。ミルクは粉乳を使っているので、粉末スープの中でしょうか。

三位一体の味

東洋水産 マルちゃん 味噌カレーミルクラーメンのでき上がり
でき上がりです。

液体スープは後入れなのですが、封を開けてカップに入れると、味噌の良い香りがプーンと広がります。
スープを全部混ぜて飲んでみると、味噌・ミルク・カレーの味が完全に混ざり合い、一つの風味だけが突出しないという不思議な味になります。香りはカレーがやや勝り、味噌の香りは薄れます。

感想ですが、際物のように思えますが、決して際物ではないと思います。味噌ラーメンとカレーラーメン、どちらを食べようか悩んでしまって決まらない人、味噌ラーメンでもっと体を温めたい人向けではないでしょうか。これからの季節にはもって来いだと思います。


東洋水産
青森味噌カレー牛乳ラーメン普及会
↓同系の即席麺をガイド記事より↓
十勝新津製麺『室蘭カレーラーメン』
ハウス『スープカリーの匠』
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。