ハッピーパウダーは何でできてる?

ハッピーパウダー
さて、今回目玉の『ハッピーパウダー』、ハッピーターンを食べ終わった後で小鉢にあけてみましたが、とてもたくさん残ります。これでまた楽しむこともできます。

ハッピーパウダーの成分は、砂糖、たんぱく加水分解物(大豆、コーン)、食塩、調味料(アミノ酸)とパッケージに書いてあります。決して危ない成分が入っているわけではありません。

舐めてみますと、カツオだしの味と砂糖の味がします。そこから考えますと、和風だしと砂糖を混ぜて粉末にすると、ハッピーパウダーの模造品ができる気がします。ハッピーパウダーフリークの皆さん、ぜひ実験結果をお寄せください。集まったところでまた記事にしたいと思います。

亀田製菓・ハッピーターンでHappy Time

■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。