第7位 カール

カール
 
第7位は明治製菓の『カール』です。『それにつけてもおやつはカール』というキャッチフレーズで有名ですね。あの空気をたくさん含んだ形状は、口に含むと唾液を全部吸い取ってしまうようで、水気が無いと物を食べられない私にとって、ちょっと怖いお菓子でもあります。
  • なんともいえないあの食感です。 飲み物無しで、どんどん進んでしまうのでここ数年禁止されています(東京都・36歳女性)
  • 小さい頃から食べていたので、しばらく食べないとカールのことしか考えないぐらいの禁断症状が出てしまいます。オーストラリアに2年近く留学していて、日本にいなかったのですが、チーズ味しか輸入されていなくて、カールを箱で送ってもらったこともあります。口に含むと昆布のだしが上品に広がって、とってもとってもおいしいのです。(東京都・34歳女性)

第6位 キャラメルコーン

キャラメルコーン
 
第6位は東ハトの『キャラメルコーン』です。キャラメルコーンの発売と同時期にブルボンからは『ココナッツコーン』という類似品が出ていましたが、完全にキャラメルコーンに負けてしまいました。ところが、ココナッツコーンのCMソングはあの大滝詠一氏でありました。
  • あのほんのり甘い味がなんともいえません。くせになって一人でホームセンターの安売りの日に買いこんで、食べてます。 素朴な昔ながらの味って言うんでしょうか、甘さと塩加減が絶妙です。(熊本県・32歳男性)
  • ふわふわ感と口に入れた瞬間にすうっと解ける感じがたまらない。(兵庫県・44歳女性)

第4位 柿の種とじゃがりこ

柿の種
 
第4位は誰もが知ってる『柿の種』です。元祖は新潟県長岡市の浪花屋製菓のものですが、いちばん流通しているのは亀田製菓のものでしょうか。どの会社も同じ味のように思えますが、浪花屋のほうが辛かったりします。
  • 特に新潟浪花屋製菓のもの。32年前に新潟出身の友人から大きな缶入りでもらい、たった2・3日で空けてしまい、胃がきりきり痛んだ。それ以来特産品コーナーや新潟県に行ったときなどは必ず買います。手触りと口の中で小さくポリポリと噛むのが気持ちいい。ビールのおつまみにもいい、ちなみにピーナツ入りは嫌いです。(富山県・50歳女性)
  • ピーナッツ抜きの純然たる柿の種だけが大好きです。あの辛さが食べやすい。形がとてもよい。(東京都・42歳女性)

じゃがりこ
 
同じく第4位はカルビーのポテトスティック『じゃがりこ』です。CMにはタレントの平山あやちゃんが出演していますが、つけているウサギの耳がかわいいですね。
  • スティック状で食べやすく、量も適量なので食べきってしまう。食べきってしまうと、もう一つ買おうかなぁと思ってしまうので。(東京都・25歳男性)
  • 開封後、封の出来ない容器のため、最後まで食べ切ってしまう。気が付くと新製品が出ており、また、その新製品が気になる味のため、食べずにはいられない。チーズ好きで、じゃがりこチーズ味のさっぱり感が好き。カロリーを気にしつつ食べてしまう。(神奈川県・35歳女性)