今年も秋冬のチョコレートシーズンがやって来ました。この時期、毎年多数の新製品が発売されます。新製品の中から興味を引きそうな物を集めて紹介しようと思っておりました。
ところが、明治製菓がSMAP・香取慎吾さんを起用し『明治チョコレート維新』というCMを始めましたので、「ここは基本に帰って板チョコの比較をやってみてはどうか」と思い、2002年9月16日のガイド記事『マカダミアナッツチョコ徹底比較』と同様に、国内3大ミルクチョコレートの成分数値を比較してみました。ここにハーシーの板チョコがあれば、より深く考察できたのですが、自宅と仕事場周辺で見つからなかったので、残念ながらハーシーとの比較はできませんでした。


明治ミルクチョコレート


森永ミルクチョコレート


ロッテガーナミルクチョコレート


まずは単純に包装に書かれている栄養成分です。これを見る限りではそんなに大きな違いは見られません。明治と森永の寸法が同じなんですね。ハーシーも同じ大きさであれば、このサイズが板チョコのデファクトスタンダードではないかと考えたのですが。

成分明治森永ロッテ
内容量(g)706575
熱量(Kcal)395365419
たんぱく質(g)5.65.25.6
脂質(g)24.222.525.4
炭水化物(g)38.635.441.9
ナトリウム(mg)404849
カカオポリフェノール(mg)650540-
分割数(個)151224
寸法横(mm)170170160
寸法縦(mm)777772
数値はパッケージより。ただし寸法は久須美調。