ティーメーカー アイスティーソーダ
(ペプシコーラ・1995年)


ペプシコーラがリプトンの販売をやめて、独自ブランド『ティーメーカー』で販売したティーソーダです。パッケージのデザインも、レモンが浮かんでいるか沈んでいるかの違いだけで、ほぼリプトンのまま、味覚的にもリプトンと同じような味だった気がします。


ジャズイン
(ペプシコーラ・1990年?)


これも伝説のソフトドリンクの一つでしょう。当時テレビCMでは夏木マリさんが出演し、「ジャズインちょうだい」と言っておりました。猫マークの無い左側のほうが当初の缶でして、その後、右側の缶のように、猫マークと『すっきり飲める紅茶です』というキャッチフレーズが付きました。

「これはいったいどんな飲み物なのか?」と思ってはいたのですが、発売当時はまだ缶ジュースのコレクションを始めておらず、商品が消えかかった頃にやっと飲むことができました。そこで初めて『炭酸入り紅茶』であることがわかったのです。それまではコーヒースカッシュだろうとばかり思っていました。しかし、バブル崩壊と共に、ジャズインも消えてしまいました。