Gelato(ジェラート)

写真をクリックすると次のページに進みます

イタリアの伝統的なジェラート製法で作られるグロムのジェラートは新鮮な牛乳、卵の黄身、サトウキビから採れる白砂糖のほか、ピスタチオやヘーゼルナッツ、チョコレート、バニラなど、どれも選びぬいた世界最高の原材料を使用しています。例えばランゲ地方のヘーゼルナッツから、グアテマラのコーヒーなど。また脂肪分を低く抑えるためにクリームは控えめにし、砂糖の使用料にも配慮しています。

ジェラートのフレーバーをご紹介しましょう。

ブレーバー

■グロム:ピエモンテ産ビスケットとエクアドル産チョコチップ。このビスケットがサクサクとして美味!店名が付いているだけに自信作です。

■ヨーグルト:フレッシュイタリアンヨーグルトを使用した、爽やかな酸味と口どけの良さが印象的です。

■グリーンティ:パリでも人気の一品。苦味のないマイルドな抹茶風味です。

■スーパービターチョコレート:ボリビア産チョコレートとチョコチップを使用。一口でインパクトのあるビターなチョコレート。“SEXYな味”だと表現されていました。

■ピスタチオ:シリア産ピスタチオを使用し、ピスタチオ本来の緑がかったベージュの色合いをいかし、香ばしい美味しさ。ナチュラルなピスタチオの風味が良い。

■ビターチョコレート:ベネズエラ産チョコレートを使用。ほどよいチョコレートの風味が美味。

■ノッチョーラ:ピエモンテ産ヘーゼルナッツを使用。ヘーゼルナッツの香ばしい風味が印象深い。

■コーヒー:グアテマラ産コーヒーを使用した、コーヒーの香りがしっかりと残った逸品。

■ストラッチャテッラベネズエラ産チョコチップがゴロゴロとはいり食感が楽しい。

■アズキ:十勝産のあずきを使用。マイルドな風味に仕上がっています。

■バチョ:トリノ産ジャンドゥーヤチョコレートとヘーゼルナッツ。イタリアで“キス”を意味する名前をつけられていて、ナッツの粒粒感を残した食感と香ばしさが印象的。

■バニラ:マダガスカル産のバニラを使用した、滑らかな味。シンプルにミルクの美味しさを味わいたいならこちら。脂肪分も8~9%に抑え甘みも控え目です。

■塩キャラメル:苦味の少ない、マイルドなキャラメルに軽い塩味を感じます。

■トロンチーノ:ピエドモント産ナッツを使用。

*全て試食させていただき、どれも美味しかったのですが、個人的にはピスタチオが思った以上に香ばしく、ピスタチオの味がそのまま生かされていて好みでした。

次のページでは、Fruit sorbet(ソルベ)をご紹介します。