○○○ Yukihiko Kawaguchi○○○


ショコラティエの川口行彦氏は1986年に渡仏され、その後1987年~2003年まで和光に勤め、1988年からは、和光チョコレートショップ「ル・ショワ」のシェフ パティシエとして就任されました。
まだ日本にチョコレート専門店が少ない中、本格的なショコラの味を広めた日本のショコラティエの先駆者ともいえる川口行彦氏。

2003年には、自由が丘のスイーツフォレスト内に 「オリジンーヌ・カカオ」をオープンされ、私も何度も訪れるお気に入りのお店です。
さらに渋谷・東急東横店のフードショーにも出店され購入しやすくなりました。
しかし、遠方の方にとっては、川口氏のショコラをいただくのは難しいはず。そこで、インターネットで購入できる品をご紹介しましょう…!




○○○ 世界のチョコレート愛好家お墨付きのショコラ○○○

宝石のような輝きをもったショコラの味わいを、一粒一粒をご紹介します…!



Origines Cacao(オリジンーヌ・カカオ)

苦味のある、力強い風味のガナッシュ。軽い酸味とビターな味わいです。




Carmel(カーメル)

アーモンドとヌガーが隠れミルクチョコレートで優しいコーティング。カリカリとした食感が楽しい!


Andalousie(アンダルジー)

レモン味が軽く香る、ビターなショコラ。酸味が加わり爽やかです。


Ariba(アリバ)

ミルクたっぷりのガナッシュが優しい味わいです。口の中で滑らかに溶けていきます。


Merida(メリダ)

ヘーゼルナッツのプラリネがザクザクっとした食感を生み出し、口の中が楽しくなるようなショコラ。



Amande Salée(アモンド サレ)

軽い塩味のアーモンドプラリネ。程よい塩気がチョコレートの甘みを引き出してくれます。


Quiza (ケッツァ)

酸味と苦味のきいたガナッシュ。程よい酸味が大人の味わいです。


Piemont (ピエモン)

ヘーゼルナッツのジャンドゥジャ。ヘーゼルナッツの風味が香ばしい!


Grenadille (グルナディーユ)

パッションフルーツ味の酸味と爽やかな味わいが口いっぱいに広がり、サッパリとした後味が残ります。


Chine(シン)

ジンジャー(しょうが)の風味が香る美味しさ。ジンジャーのピリッとした辛さが後味に残ります。




一粒一粒、味と香りが異なるショコラは個性的でありながら、ショコラの風味を損なわない程度のフレーバーがつけられているのが“オリジーンヌ・カカオ”の特徴です。だからこそチョコレートそのものの味の違いも楽しめます。

外資系のショコラは、税金がかかる分割高に感じますが、これだけ本格的なショコラがこの価格でいただけるのは、逆に割安感を感じます。(もちろん、高価ではありますが。)

国内で作られたフレッシュなショコラを、午後のティータイムにいかがでしょう?

エスプレッソと共に頂くのもよいですが、シャンパンとの相性も良いショコラ。手土産にもぴったりです。


Shop Data
店名 オリジンーヌ・カカオ
商品 チョコレート詰合せ 口どけなめらかなフレッシュショコラ  15個入り 3,350円(消費税込・送料別)
(*オンラインショッピングの商品情報はコチラ>>
住所 東京都目黒区緑が丘2-25-7 ラ・クール自由が丘2F (スイーツフォレスト内)
電話番号 03-5731-5071
 


洋菓子ガイドおすすめオンラインショッピング集
  
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。