クランベリーブラウニー

ブラウニーはアメリカが発祥のお菓子といわれています。 作り方は様々で、砂糖たっぷりでネッチリとした食感のものがアメリカ では多く見受けられます。

今回ご紹介するレシピでは甘みを抑え、チョコレートの味わいが濃厚な大人のブラウニーです。
ビタミンC豊富な甘酸っぱいクランベリーを加え、単純になりがちなチョコレート ケーキにアクセントを加え、ホールケーキ状に仕上げました。

アメリカの家庭菓子ならではの簡単な作り方を再現し、ボールで混ぜるだけの手軽な焼き菓子です。 是非お試しください。

*材料のチョコレートにはカカオ分70%程度のものを使用することをオススメします。




材料(直径16cm丸型)
チョコレート120g
無塩バター80g
全卵2個(約120g)
グラニュー糖50g
牛乳50cc
薄力粉50g
ベーキングパウダー小さじ1/2
ドライクランベリー30g
ドライクランベリー(飾り用)適宜
粉砂糖適宜

作り方


1
型にバターを塗って冷蔵庫で冷やしておく。
2
粗く刻んだチョコレートとバターを耐熱容器にいれ、ラップをして電子レンジ でとかす。
(加熱時間約1分)
*電子レンジにより加熱時間が異なるので、様子を見ながら加熱してください。
3
ボールに全卵とグラニュー糖を入れ、泡立て器で白くなるまで泡立てる。
4
(3)に牛乳を加えて混ぜあわせ、さらに薄力粉とベーキングパウダーをふるい入れ粉気がなくなるまで泡立て器で混ぜ合わせる。
5
(4)の中に(2)のチョコレートを2~3回に分けて加える。 さらにドライクランベリーを加えて混ぜあわせる。
6
生地を(1)の型に流して180℃のオーブンで約30分焼く。

*竹串などをケーキにさして、液体状の生地がつかなくなるまで焼く。
7
焼きあがったらケーキクーラーの上で冷まし、粉砂糖とクランベリーをふりかける。

焼きたての温かいブラウニーも美味。
コーヒーとよく合います。



常温(冬季)で保存し一週間ほど、美味しくいただけます。
    
◆おすすめレシピ◆

◆滑らかな口ざわりの生チョコはいかが?【レシピ】パヴェ・オ・ショコラ

◆ガイドおすすめレシピ集

   
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。