海外に数日間行って、帰ったら真っ先に何を食べたいか?そりゃぁ~なんと言ってもラーメンである。本来なら一度家に帰って、地元で食べるのも「帰ってきた」という感じが満載でいいのだろうけど、「そこまで待てない」なんていう人もいるのでは?

あるいは、友人知人を成田まで送っていったが、帰りに何か食べたいね。なんていう人もいるのでは。昔はどうかわからないが、最近の成田ラーメン事情はなかなか変わりつつある。少なくとも2軒はお勧めできる。

JR成田駅もしくは京成成田駅から徒歩圏内にある「麺屋青山」と「麺や福一」だ。今回はそのうちの「麺屋青山」にスポットを当てて紹介してみよう。

右と左でスープの味が違うラーメン!?

麺屋青山
「麺屋青山」の塩ラーメン 680円
元々は佐貫大勝軒を中心としたグループの1軒で柏に「麺屋こうじ」として出店。そこが移転し、その後、完全独立を果たして「麺屋青山」に名前を変えた。
ベースが豚骨スープで加える香味油などの違いで3種類、ベースが鶏ベースで2種類、さらに塩ラーメンとつけめんがある。私はかなり迷った末に塩ラーメンにした。複数で来たときに食べ比べをするために醤油味の方は宿題として残しておいた。

塩ラーメンは丼の左右の香味油(帆立味と鰹味)が違う(チャーシューとメンマで分けられている)という離れ技を使っている。やること自体は簡単かもしれないがその発想が素晴らしい。右と左のスープを別々に飲むと味の違いがわかるし、混ぜても違和感はない。素晴らしい。そして、今年の初め頃から自家製になったという麺とスープの合わせ具合とか、具のデキもいい。無理して難点をあげれば、炙り焼きチャーシューがあまり肉質を感じなかったことくらい。でも、他の完成度を考えるとこれはきっとたまたまであろう。


生クリーム入りの味付け半熟玉子

麺屋青山
生クリームが注入されている半熟味付玉子 150円
私が箸で割った写真なので切り口が綺麗ではないが味は抜群。雑誌のラーメン大賞で「味付玉子部門」で賞を取ったこともある。普通の味玉もあるが、ここまで来たらぜひ、この味付玉子を食べてみて欲しい。


驚くほど旨いデザートで締めよう

麺屋青山
青山の杏仁豆腐 250円
何でも旨いのだが、その中でもこれこそ味わっていただきたいのがデザートである。これがラーメン屋さんのデザートなの?と驚くほどに旨いので、甘いモノ嫌いな人もぜひどうぞ。



<店データ>
■麺屋青山
所在地:千葉県富里市日吉台2-19-11
電話:0476-91-0808
営業時間:11:00-14:30、17:30-22:00(売切れ終い)
定休日:無休
地図:Yahoo!地図情報

成田関連の記事
成田延伸で割安感。千葉ニュータウンに注目
成田VS羽田 ソウル行きはどちらが便利?
成田新ターミナルを使ってきました