福岡県のラーメンと言えば福岡市を真っ先にあげてしまう。それは「博多ラーメン」の認知度とその普及によると思う。実際は久留米市の「久留米ラーメン」も福岡県だし、北九州市もラーメン店は少なくない。旨い店も多い。そんなわけで地方都市シリーズ第二弾は北九州市。

写真のタイトル
▲「みんずラーメン」
北九州市の人口は約100万人。昨年のデータではわずかに100万を切ってしまったようだ。私が小学校の頃は「7大都市」(工業地帯?)の一つじゃなかっただろうか?福岡市より9年も前(1963年)に政令指定都市になっている。現在政令指定都市は13都市あり、この4月に静岡市が移行するようだ。北九州市は県庁所在地以外では初(全体で6番目)、しかも同県の県庁所在地(福岡市)よりも先に指定都市になったのだ。

さて話をラーメンに移す。北九州市のラーメンとは?博多に近いので「博多ラーメン」が主流かというとそうでもない。かといって独自の「北九州ラーメン」が存在するわけでも無さそうだ。まだそんなにたくさん食べ歩いたわけでもないが、「博多」というよりは「久留米」に近い味が多い。もしくは「大分」の流れか。

写真のタイトル
▲「魁龍」のラーメン
まさか、ラーメンにもライバル意識があったとは思いにくいが、博多系が占めてるわけではないというのは興味深い。それと博多においては醤油ラーメンが出てきたのは割と最近だが北九州においては意外と古くからある。今回紹介する店は3月に行ってきた店だが、その前に優先度の高い店は食べている。それらは写真がないので今回の紹介からは残念ながら外してある。

北九州市と言ったら「みんずラーメン」(門司)と「魁龍」が双璧。「みんずラーメン」はご主人の体調が芳しくないようで心配である。「魁龍」はもう今や飛ぶ鳥を落とす勢い。老舗の「東洋軒」も忘れてならない。最近出来た店では「麺8-34」なども頑張っている。それでは今回行ったいい店を紹介してみたい。

※データは2005年3月実食当時のものなので変更になっている場合もあるのでご了承ください。

ぎょらん亭@北九州市小倉南区

写真のタイトル
▲豚骨十割のラーメン
昼頃に行ったら2-3人待ち。さすが人気店。と思ったがしばらくしたら私独りになった。人気なのか、そでもないのか、はこの日だけではわからなかった。豚骨十割ラーメン500円を注文。恐そうなご主人だったので写真を撮っていいかどうか聞いたら「いいけどまずいからカメラ壊れるかもよ」と。なんだ、面白い店主じゃん、と思うも次の瞬間には「ラーメンの向きが違うよ」と怒られてしまった。やっぱり恐いかも。さてこんなご主人の作るラーメンだが、めっちゃ旨い。豚骨十割でなんでこんなに旨くなる?というくらい旨い。麺もチャーシューも旨い。この人はいったい何者?と疑問符が出るほど。気がついたら地鶏清湯スープの醤油を注文していた。

写真のタイトル
▲こちらは清湯スープの地鶏醤油ラーメン
スープが清湯スープだというのはメニューでわかっていたが麺もネギも違っていた。それでなかなか旨いのだから、このご主人恐るべし。「ゆず香」という調味料をかけるとまた印象が変わっておいしい。地方でお替わりをするのはかなり珍しい。他に行きたい宿題店もあるのに。しかし、ここでは2杯目の注文はまったく迷わなかった。むしろ3杯目に「二八ラーメン」(鶏二割豚八割)を注文するかどうか迷ったくらい。店の外観・内装は普通だし、ご主人のオーラもそんなに感じないがちょっとこの店は凄いかも?再訪必須。
店名:ぎょらん亭 住所:福岡県北九州市小倉南区湯川1-9-8  TEL:093-941-2218 営業時間:11:00-14:30、18:00-24:00 日月昼のみ※スープなくなり次第閉店  休日:火曜


無法松@北九州市小倉北区

写真のタイトル
▲見た目も綺麗な無法松ラーメン
こんなに旨いラーメンが続いていいんだろうか?体調がおかしいんだろうか?つい、そんなことを考えてしまうほど今日の北九州食べ歩きは旨い店が続く。ここ「無法松」は無化調(化学調味料不使用)スープにその日ごとに打つ麺を使用。店のウリの無法松ラーメン630円を注文。少しずつ具が多くなっているメニューだが全部入り、というほどではない。また辛味噌が付く。豚骨醤油にごまやピリ辛ダレが加わってあまり他にはない味わい。しかも無化調の物足りなさもなく、なかなかおいしい。麺は細目のストレートで固め。接客も大変気持ちよく、こちらもまたいい店だなあ、と思う。

店名:無法松 住所:福岡県北九州市小倉北区神岳2-10-24   TEL:093-533-6331 営業時間:11:00-22:00  休日:水曜  


中華そば藤王@北九州市小倉北区

写真のタイトル
▲藤王の中華そば
携帯ラーメンサイト「超らーめんナビ」福岡県ランキング第5位の店。出てきた中華そば530円は自分が福岡に居ることを忘れさせてくれるような清湯醤油味。東京ラーメンっぽいなぁ、と思いながらおいしく食べた。帰り際、店内の雑誌切り抜きを読むと店主が大学時代に食べた東京のラーメンをイメージして作ったラーメンだとか。う~む、東京のどこのラーメンだろう?鶏ガラベースに豚足や牛骨を加えているらしい。そんなに個性は強くないけど、なんとなく食べたくなる味といえよう。

店名:中華そば藤王 住所:福岡県北九州市小倉北区魚町2-4-18-2F   TEL:093-511-2800 営業時間:11:30-20:00(OS19:30)  休日:第3水曜日


龍王@北九州市戸畑区

写真のタイトル
▲ラーメン
戸畑駅からタクシー。住宅地にあり、昼しか営業しない店。肉嫌いな人には同じ値段でわかめ、支那筍、もやし入りの三色ラーメンなどもある。暖簾が出たので一番先に入ったつもりが店内にはすでに6人もいた(笑)。常連が多い店のようだ。しかもすぐに15席が満席に。ラーメン450円を注文。少し焦がしたような風味のする黄色の油が個性的。これって北九州の代表的な店「唐そば」(今は北九州は閉店。東京・渋谷に2軒あり)でもたまにしたような風味だ・・・。麺は自家製で柔らかだがスープと馴染んで旨い。甘めで柔らかく煮込んだ支那筍が珍しく、しかもおいしい。チャーシューが4-5枚入ってるのも嬉しい。スープは大釜で炊いていた。今風ではないがこれはなかなかいい店だ。
店名:龍王  住所:福岡県北九州市戸畑区正津町10-15   TEL:093-871-8957
営業時間:11:00~15:00(売り切れ次第閉店)  休日:日曜日



■ガイドが書いた「地方都市シリーズ第一弾」はこちら
■ガイドが前回書いた「ラーメンスタジアム2」の記事はこちら
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。