forMタイアップ食の連載「東京風景、街角の味」 Vol.15
今回私たちが紹介させていただく街は「恵比寿」。

「恵比寿」といえばラーメン激戦区

写真のタイトル
▲行列人気店の「山頭火」
このシリーズの「神楽坂」や「麻布十番」の回は、ラーメン店が少なくてどの店を紹介しようか迷ったものである。しかし、今回は紹介したい店が多すぎて悩んだ。7~8年前、まだテレビ出演がそんなに無かった頃、レポーターから突然「恵比寿にはどんなラーメン店があるんですか?」と聞かれて、ソラで20数軒挙げたことがあった。我ながら凄いと思ったが、それほどに恵比寿のラーメン店の数も凄いのである。

この時期にこういう特集企画で紹介するにはどんな店がいいだろうか?「恵比寿のラーメン戦争」などという企画は毎年どこかのテレビ局で取り上げる。普通の人気店はマスコミに任せておけばいい。今回はそういう企画にはなかなか出てこない店を紹介してみたい。

その前に私と「恵比寿」のつながりから話をしてみよう。私は最近でこそ、頻繁にテレビに出していただいているが8年前、まだテレビ出演と聞くと「うほぉ~」と舞い上がってしまう頃に出させていただいたのが恵比寿だった。ラーメンメーリングリストというのがあって、そのメンバーの飲み会の風景を収録したい、というテレビ局の要望だった。恵比寿ガーデンプレイスの「戎」という居酒屋だ。

私はオフ会参加もそんなに経験がない頃で、初対面の方が多く、それだけでドキドキなのにさらにテレビカメラが回ってるというのだから、舞い上がって空でも飛べそうな勢いだった。一つ一つが新鮮だった。その飲み会の後、「ちょろり」に行ってラーメンを食べ、さらにその後、車に乗って3軒ほどラーメンを食べ回るという、結構な苦行であった。この様子をずっとカメラが追っかけていたのだが、そのほとんどがカットされてしまうという哀しい憂き目に遭ったのも懐かしい思い出である。

恵比寿でのテレビ収録といえばもう一つ。私がやや長めにテレビに出たのは「トゥナイト」が最初である。自分でもよく見ていた番組に出演できたというのは感慨深い。さらにそのレポーターであり、私がファンだったせがわきりさんと一緒に出演できたことも忘れられない思い出である。そして私がその時に紹介した一軒が「山頭火」である。

「山頭火」が恵比寿に出店したのは10年前。そんなにインターネットも発達しておらず、情報収集を足でやっていた頃、実はお客様の所へ行く通り道だったこともあり、たまたま「山頭火」を発見して、そこで食べて衝撃を受けたのだった。「この店は間もなく凄いことになる」と直感し、会社に戻ってラーメン好きに「恵比寿に凄い店を発見したよ」と言って回ったのであった。その後の「山頭火」の活躍と急成長は私がここで紹介するまでもない。

恵比寿では他に「恵比寿ラーメン」「香月」「九十九ラーメン」「萬友」「一風堂」などでも収録をしたことがあり、私にとって最多収録の街とも言えよう。

「山頭火」のあるビルにはラーメン店が3軒ある

写真のタイトル
▲「山頭火」と同じビルに並んでる他の2軒
このまま「山頭火」の紹介をすればそれも一つの展開であるが、そうではない。「山頭火」が入ってるビルには、実は他に2軒のラーメン店がある。一つのビルにラーメン店が3軒というのは結構珍しい。あのでかい六本木ヒルズでさえ、2軒である。これも激戦区・恵比寿ならではのことではないだろうか。しかも、ちょっと歩くだけでさらに「ぢゃぶ屋」と「AFURI」という人気店もある。恵比寿の中でもこの辺りはすごいラーメン集合地域なのだ。

「山頭火」のあるビルの別側に並んでるのが「喜多方ラーメン 坂内」と「英(はなぶさ)」である。今回はこの「英(はなぶさ)」を紹介してみたい。