熊本ラーメンと言えば、都内では「桂花」が有名。他にも「富士ラーメン」「肥後のれん」「ひごもんず」「味千」などの有名所がある。首都圏では「なんつッ亭」「大石家」「都来」「こむらさき」あたりが雑誌でよく紹介されている。

地元、熊本では「黒亭」が有名で人気。土日は絶えず行列を作っている。旅行で訪れた人もたくさん食べに行っているようだ。空港でのお土産ラーメンもやはり「黒亭」が人気。

さて、ここでいう「黒亭」は二本木にある店である。私も今回、熊本に行くまでまさか他にも「黒亭」があるとは知らなかった。タウンページで調べてみると二本木以外に一軒見つかった。インターネットの情報ではもう一軒有りそうだ。

そんなわけで「黒亭」の3軒を食べ比べてきた。

●有名な二本木の「黒亭」はこちら。
【DATA】店名:黒亭 住所:熊本県熊本市二本木1-2-29 TEL:096-352-1648 営業時間:10:30-20:30 休日:木曜日 メニュー:ラーメン560・大盛ラーメン820・チャーシューメン820・たまごラーメン820

熊本で人気ナンバーワン(九州タウン情報ネットワーク発行の「麺食いランキング」で熊本1位)のラーメン店がここ二本木の「黒亭」である。豚の頭骨だけでとったコクのあるスープにラードであげたニンニクが効いて、印象深い一杯となる。具はチャーシュー2枚とキクラゲ、のり、ねぎ。5−6人の女性店員だけで頑張っており、接客も気持ちのいい店である。

ところが、不思議なことがあった。3軒目の「黒亭」の住所や電話番号がわからないのでこちらに電話をして聞いてみた。すると「黒亭はうち一軒しかありません」という答えが返ってきたのである。どういうことだろう?単に店名が一緒なだけなのか?ますます食べてみたくなった。

●タウンページにも載ってる力合の「黒亭」はこちら。
【DATA】店名:黒亭 力合店 住所:熊本県熊本市鳶町2-1-5 TEL:096-357-5860

営業時間や定休日は聞いてくるのを忘れてしまった。土曜日はやっていたことと中休みなしで昼からやっていることは確認済み。ラーメンは540円だ。
こちらのラーメンは豚骨がかなり濃いスープとなっている。「黒亭」の流れを汲んでいるのはわかるビジュアルだがスープの色合いが若干違う。一言で言ってしまうとマニア向けか?でも、地元のお客さんで2時過ぎでもほぼ満員だった。かなり私の好みでもあった。帰り際にちらっと聞いてみたら、昔、暖簾分けしたらしい。地元の人に聞いたら娘婿の店じゃないか、という噂もある。

●タウンページにも載ってない渡鹿の「黒亭」はこちら。
【DATA】店名:とろく黒亭 住所:熊本県熊本市渡鹿 営業時間:11:30-20:00 休日:第2・4日曜 メニュー:ラーメン450

住所も電話番号もわからなかったので、ここへ食べに行くのは難儀だった。結局、タクシーの運転手に連れて行ってもらうことに。場所は東海学園前駅から線路沿いを戻り、産業道路高架下にある。
こちらのラーメンは熊本ラーメンではあったが二本木の「黒亭」とは随分違っていた。むしろ別物といってもいいくらい。
話を聞いたら40年くらい前の暖簾分けで、代替わりもしてしまったので、今はまったく交流も関係もないのだそうだ。でも“暖簾分け”であったことは間違いないらしい。

ラーメンって、ホントに面白いもんですねぇ。(笑)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。