今や押しも押されぬ渋谷の行列ラーメン店。それが「でび」である。そのお店の開店のキッカケはとあるテレビのバラエティ番組である。その番組とは「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」(NTV系)。そのお店のご主人はあのデビット伊東氏である。番組上では紆余曲折あり、どうにか開店にこぎつけることができたのだ。私はたまたま縁があって、開店前の試食会に参加することができた。

スタジオには実際のお店とほぼ再現したセットがあり、そこで100人試食会を成功させたら、番組的に開店を許可しようじゃないかというものだ。そしていよいよ試食会開始。デビット伊東氏の修行先が博多の一風堂、出てきたラーメンのスープの色は白濁ということもあって、濃厚な博多系豚骨ラーメンを想像していたのだが、食べてみると全然違う。あっさりした上品なスープなのだ。しかもどこにも似ていないオリジナルラーメン。これにはちょっと驚かされた。食べ慣れていない初めての味を出されると評価しにくいというのが本音であった。

しかし折角の試食会に招待され「よくわかりません」では話にならない。そういうわけでその場で非常に評価したのがその接客態度であった。客に対する気配り、スタッフに対する的確な指示、スタジオの中とはいえ、試食会の収録中2時間もの間、テンションを落とすことなく続けたのだから、これはただただ感心するばかり。そういうわけで無事試食会は終了。そして本番の開店である。

開店初日も含めて、何度か足を運んだ。正直美味しいと思う。さらにお店の雰囲気も試食会以上に素晴らしい接客態度が実に気持ちいい。それゆえにここでも紹介させてもらう。

でびラーメン、白濁のスープはたぶん豚骨と野菜がベースになったあっさり味。平たい麺はややモチモチした食感。スルスルと啜りやすい麺だ。具にはネギ、揚げネギ、シソ、大根の角切りにチャーシュー。大根とチャーシューはスープとは異なる和風の味付だが、ベースの味を壊すことなく、アクセントになっている。また揚げネギや大根が食感に厚みを持たせてくれて、最後まで飽きずに食べさせてくれる。かなり誉め過ぎという感もするが、実際の感想だ。量が少ないのとちょっと上品過ぎるので、物足りなさを感じる人もいるかもしれない。

どうしても色メガネで見がちなタレントショップに通ずるところがあるかもしれないが、実際食べてみると味や接客に大いに感心させられるお店だ。渋谷に立ち寄った際には行って欲しいお店である。狙い目は平日の開店時。ほとんど並ばないだろう。

渋谷区道玄坂2-16-3
営業時間:11:00~材料がなくなるまで(21:00頃)
金・土は深夜まで営業
月曜定休
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。