有機・無農薬のハーブ栽培に取り組む「落合ハーブ園」。

落合ハーブ園
「落合ハーブ園」のすぐ横の道。この先には、畑が続きます。

まるで赤毛のアンが駆けてきそうな坂道。すーっと大きく息を吸い込むと、草の匂いが鼻をくすぐる。

ここは、ずっとこの目で見たかった「落合ハーブ園」。昭和62年よりハーブ栽培に着手し、平成8年より有機・無農薬栽培に取り組む、知る人ぞ知るハーブ農園です。

都内のフレンチレストランのハーブティーがきっかけ。

落合ハーブ園
「落合ハーブ園」のレストラン&ショップ「サントリナ」の外観。

私がこの「落合ハーブ園」に興味を持ったのは、都内のフレンチレストランがきっかけ。「ラ・ビュット・ボワゼ」をはじめ、l’Odorante(ロドラント)や現在はもう閉店している「ラ・ブリーズ・ドュ・ヴァレ」などで、美味しいフレンチをいただく度、なぜかいつも出てくるのが、ここのフレッシュハーブティー。

それが、揃いも揃ってすこぶる美味しく、「これは何かあるぞ」と思ったのが、東京からここ三島までのフットワークを軽くする原動力となりました。

出迎えは、大きなバッタ。

落合ハーブ園

出迎えてくれたのは、東京のマンション暮らしの中では見かけることのない、大きなバッタ。

落合ハーブ園

草や枯れ根と同じような色合いなので、全く気付かず、一歩を踏み出すと、すごい瞬発力で驚いたように飛び出します。それがつい楽しくて、子供のように夢中で追いかけ、静かに歩み寄っては、そっと激写するくり返し。

いざ行こう! ハーブ畑へ!

落合ハーブ園
「落合ハーブ園」のレストラン&ショップ「サントリナ」の内観。

ああ、でも、そうそう。今日は、虫を探しに来たんじゃなく、ハーブを見に来たんだっけ。こちらのハーブ畑は、「落合ハーブ園」のランチが楽しめる「サントリナ」というレストラン&ショップから、車で約5分くらいの所。

園の方に「ご案内しましょうか?」とお声がけいただき、お言葉に甘えてお願いすることにしました。

落合ハーブ園落合ハーブ園
2ページ目では、3000坪に約15種類のハーブが植わる畑の様子を、

落合ハーブ園落合ハーブ園
3ページ目では、「落合ハーブ園」のレストラン「サントリナ」のハーブランチをご紹介します!