ゲームから導き出す勝利哲学!

カード&ボードゲームの戦術、戦略、名言、格言、箴言から、人生を勝利に導く法則を探すこのコーナー。ついに第10弾となりました!

今回も、斯界の達人たちがその厳しい戦いの中から紡ぎ出した「本物の言葉」をお届けします。

本当の才能とは続けること

プロとアマの決定的な差の一つは、モチベーションの維持にあります。何かを始めることは簡単ですが、それを一定のレベルを保ちつつ続けていくことは非常に難しい。逆にそれができれば、もうプロフェッショナルということなのかもしれません。


同じ情熱、気力、モチベーションをもって継続してやるのは非常に大変なことであり、私は、それこそが才能だと思っている
羽生善治(将棋棋士)




チェスであれどんな活動であれ、心理の重要性はどれほど高く見積もっても、けっして過大評価にはならない。すべてのスキルと才能はそれを伸ばす精神力と用いる勇気を必要とする
ガルリ・カスパロフ(元チェス世界チャンピオン)




ポーカーを愛さなければならない。そして、懸命に努力することを好きにならなければならない

クリス・ファーガソン
(2000年度ワールド・シリーズ・オブ・ポーカーのチャンピオン)



盤上での正しい大局観、実力は身に付け伸ばしていくことができる。それには将棋を好きであり続けるしかない。好きであり続けることの大切さ、それはアマチュアでもトッププロにおいてもなんら変わりはない
渡辺 明(将棋棋士 永世竜王



次は勝利への執着について→