今日もパーティジョイを求める理由

パーティジョイを集める愉しみの一つに、ノスタルジーな気分に浸れるという点があります。

シリーズ通算100以上ものタイトルの中には、当時の世相や流行をモチーフとしているものが多くあるからです。パーティジョイハンター・双六屋の本日の収穫物は『霊幻道士ゲーム』です。

パーティジョイ『霊幻道士ゲーム』

タイトル:霊幻道士ゲーム
メーカー:バンダイ
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:20分位



日本全国に溢れかえるキョンシー!!

双六屋が、小学生の時分、『霊幻道士(1985年)』という映画が封切られました。この映画を同級生と観にいきましたが、我々はここで強烈なキャラクターに遭遇します。

それは「キョンシー」という化け物。30代よりも下の世代の方はご存知ないかもしれませんが、このキョンシーの存在は、当時の小学生に凄まじいインパクトを与えました。

パーティジョイ『霊幻道士ゲーム』
そういえば『幽幻道士』に登場する子供道士のテンテンちゃん、かわいかったなぁ。噂によると日本で女優をしているそうなのだが・・・ 
蘇った死体であること。両足をそろえてピョンピョン跳ねて移動すること。額に貼られた御札がはがれると凶暴になることなど、その特異性は、小学生のハートをガッチリと鷲掴み。

映画のみならず、テレビドラマでもキョンシーは登場し、休み時間の教室は、キョンシーのマネをする児童で溢れかえりました。

ゲームのBOXを見ると、『霊幻道士ゲーム』のリリースは1988年。キョンシーブームの真っ只中に発売されたようです。

ゲームでも当然キョンシーは跳ねる⇒