幕末トランプでいざ尋常に勝負

ここに一組のトランプがあります。その名を『幕末月旦札』といいます。

その名から容易にご想像つくと思いますが、幕末に活躍した人物たちで構成されたトランプです。

幕末月旦札

タイトル:幕末月旦札
メーカー:京都便利堂
価格:1,500円



もしあなたが幕末ファンであれば、幕末月旦札を手にした瞬間から、意識は幕末へとトリップし、龍馬が拳銃を懐から取り出し、土方歳三が刀を抜き、宮崎あおいが微笑むこと必至です。


おもしろき事もなき世に月旦札

幕末月旦札
幕末月旦札のカードバックとフェイス。これを見ただけで幕末ファンなら血を滾らせるはず!
説明書によると「月旦」とは中国の故事に由来しており「その人物を評する」こと。

その名のとおり、カードフェイスには、その人物のシルエットと縁のシンボル、そして辞世の句や人物評などが書いてあり、それを眺めているだけでも楽しい。

普通にトランプとして使用しても問題ありませんが、同封の説明書には「オリジナルゲーム」が推奨されています。

ふたたひと返らぬ札をはかなくも

オリジナルゲームは、手札5枚を整え、その役を競い合うもの。オリジナルとなってはいますが、ぶっちゃけほとんどポーカーです。

通常のポーカーとやや趣が異なるのは、リーチになったら「いざ尋常に!」というとか、役が成立したら「幕末!」といってSHOW DOWN(手札公開)をするところでしょうか。

そしてこの幕末月旦札のキモはその役。

普通のポーカーと違ってスートや数字はほとんど関係ありません。人物と人物を組み合わせてどんな幕末の事件や関連を作るか。この組み合わせの妙こそ幕末ポーカーの魅力。

例えば坂本龍馬、徳川慶喜で…… →