2次会の穴あけビンゴじゃねーっすよ

双六屋は、主に結婚式の2次会で行われるあの「ビンゴ」というヤツがどうも苦手でして・・・ (要は、単に運が悪いということなのですが) 

しかしドイツゲームはさすがです。老舗メーカー・ラベンズバーガーの手にかかるとあのビンゴが、一瞬にして知的なパズルに早変わり!!! 運任せだったビンゴが戦術性のあるゲームに昇華されています。


写真のタイトル

タイトル:ダイスビンゴ
原題:Würfel Bingo
メーカー:Ravensburger
プレイ人数:1~4人
プレイ時間:30分位




どこに数字を配置すべきか。それが問題だ

プレイヤーの手元には5×5のマトリックスが描かれたボードあります。手番プレイヤーはサイコロを2個振ります。出た合計の数値を、ボードのマスのいずれかに書き込みます。

写真のタイトル
上のプレイヤー26点、下のプレイヤー30点。さっそく差がついている。
サイコロを振る順番はあるものの、サイコロの目は全プレイヤー共通。

よって全員で25投が終われば、全てのプレイヤーのマスも数字で埋まっているはずです。


ポーカーハンドの合計点で勝負!

タテ・ヨコ・ナナメのいずれかの連続する5マスでポーカーの役を完成させれば得点できます。役の強弱によって点数の差はもちろんあります。

1ペアでは1点ですが、フルハウスなら8点、ファイブカードであれば10点などなど。そして成立させた役の得点をすべて合計したものがそのラウンドでのあなたの得点です。

写真のタイトル
大差をつけられたときの悔しさといったらない! 次ラウンドの必勝を祈念して数字を消去
ラウンドが終了したら、ティッシュなどでクシュクシュとインクを拭き取りボードをリセット。

これを3ラウンド繰り返し、総得点が一番高いプレイヤーが勝者となります。


同じ数字なのになんでこうなるのさ!→