乱数発生装置が3つもある怪!

台湾モノポリー
選ぶアイテムによっては「1」や「20」など、普通ではありえない数字もでる。戦術的にダイスを変えるのだろうか・・・
まず、わけがわからないのが、6面ダイス(2個)がちゃんとあるのに、その他に20面ダイスとルーレットまでついている過剰サービス。

そんなにトークン進めてどうするんだよ。また、そもそもこの3種の乱数発生装置の使い分けの方法がまったくわかりません。

さ・ら・に! この台ポリーでは、ボードを見渡す限り、刑務所マスがなく、「刑務所に行け!」マスもない。


「ああ、じゃあゾロ3連発で刑務所ルールもないの?」と思いたくなりますが、ルールブックを見てみると「八.監獄進牢」という項目がしっかりあり、「如課連続三次擲骰子」という一文も(これ、翻訳できないっすけど、多分、3回連続ゾロのことですよねぇ?)

おいおい、ルールブックとコンポーネントに矛盾が生じてるがな。


5エリア買収でようやくカラーグループ占有

台湾モノポリー
もっとも高額な土地は「桃園県」 wikiによれば国際空港もある空の玄関口らしい。
ないのは刑務所だけではありません。水道会社、電力会社、鉄道も税金もありません。

税金がないのは嬉しいですが、上記の理由のためにあまったマスはすべて土地マスに。

そのためカラーグループを占有するためには最低でも3エリア、最高だと5エリア買い占める必要があります。

こりゃあ、5エリアのカラーグループを狙う場合は相当交渉が難儀しそうです。

台湾モノポリー
ホテルが建設されたときの恐ろしさといったら! しかし写真のようになるには相当困難がともなうはず。
しかし、5エリアのカラーグループを支配した場合の破壊力は凄まじいに違いありません。すべての土地にホテルが建った場合は、さぞかし壮観であり、他のプレイヤーとっては、死のストリートとなるでしょう。

だが、待てよ。権利書を見てみると4軒家を建てた後にしかホテルが建てられないのはオフィシャル版と同じようです。とすると、20軒も家を建設すんのか!

こんな土地をマネージメントするハメになったら、カラーグループの独占も大変ならば、ホテル建設も至難。

まだ、遊んだことはありませんが、この台ポリー、実際に遊んだらプレイ時間は相当長くなりそうです。


本日のタイポリーな関連・参考サイト

ツッコミどころ満載。超珍品「タイポリー」 友達のオカンが起こした奇跡
本物のタイポリーを手に入れたが…… 原産国はタイのパチポリー

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。