男はコレクションする生物だっ

謎の村雨城ゲーム
NO.63『謎の村雨城ゲーム』
ゼルダの伝説と並ぶディスクシステム最強のキラーソフト、村雨城もPJ化されていた!
男であれば、誰しもがコレクターのDNAを持っているはずです。子供のときを思い出してほしい。

小学生はビックリマンシール集め、中学生はキン消しに血まなこになり、孫悟空はドラゴンボールを求め、鬼麿は亡き師の駄刀を見つけ出す・・・

そして双六屋もあるアイテムのコレクターである。お宝として狙っているのはズバリ「パーティジョイシリーズ」のコンプリート!!


パーティジョイ(以下PJ)は、バンダイから80年代に発売された廉価ボードゲーであり、最大の特徴はB5サイズのボックスに収められていること。そして100タイトル以上もの作品があることです。


パーティジョイ、それは広大な宇宙であり物語である

地獄のタイトルマッチゲーム
NO.20『地獄のタイトルマッチゲーム』
キン肉マンの中でも、特に人気の高い5層のリングが舞台。ファンのツボを突きまくる作品。
長岡ボードゲーム愛好会が運営する「ボードゲームの広場」には「" target="_blank">パーティジョイ データーベースのページがあります。

ここで確認できるだけで135(本編以外のシリーズまである模様)ものPJが発売されていたことがわかります。

タイトルを一つ一つ検証していくと、アニメものあり、人気番組ものあり、他にも映画、ファミコン、漫画、オリジナルと、驚くほどの多様性、そしてこのボリューム。PJはボードゲーム界の一大叙事詩であり、サーガなのです。

いざ、パーティジョイハンティングへ→