静岡県民は幸せだ。百町森があるからだ

双六屋が静岡に出張に行った際は、必ず寄るお店があります。


JR静岡駅から徒歩5分。そこには子どものワンダーランドがある!


それが「子どもの本とおもちゃ 百町森」というお店です。なぜか・・・ それは、ボードゲームの品揃えがハンパではないからです!! 過去、双六屋の記事で紹介した、カーリングゲームヴェニスコネクションなどは、実はこの百町森で購入したもの。

こと、子ども向けボードゲームの充実振りに関しては、都内のボードゲーム専門店でさえも完全に凌駕しています。


ボードゲームだけでこの充実振り。しかしその他のアイテムも・・・



まてよ、ボードゲーム以外もヤバイ!

双六屋がこの店を訪れるときは、脇目もふらずボードゲームコーナーに突撃していました。(マニアックな話になりますが、バックギャモンで使うプレシジョンダイスとかも、ここにでは普通に取り扱っている) 

が、あるとき気がついたのです。ボードゲーム以外のアイテムも実はめちゃめちゃ充実しているということを!(←つか、もっと前に気づけよ)


八百屋の画像ではありません! 百町森のほんの1コーナーです。


そして、もしあなたにお子さんがいるならば(あるいはお子さん本人にとって)、この場所はワンダーランド以外のなにものでもないってことに!


この日は12月某日。展示コーナーはクリスマス一色にディスプレイ!


そして双六屋は25年前のことを後悔する→