あの甘酸っぱい思い出よもう一度

双六屋と同じ三十代のみなさん、最近トキメイていますかあっ! あれ、お返事がないぞ(←体操のお兄さん風に) 

ゴキブリポーカー
タイトル:ゴキブリポーカー
原題:KAKERLAKEN POKER
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:15~25分位
こほん。こんにちは双六屋です。この歳になると、世知辛い世間や社会にも慣れますが、比例して胸を打ち震わすような感動とかって少なくなりますよね。



どうでしょうみなさん、小学生の頃、好きな娘と目が会うだけでウキウキだったり、手を握っただけでドキドキだったり、そんな甘酸っぱい体験しませんでしたか? 


あのトキメキをちょっとだけ再体験できるカードゲームがあります。それが「ゴキブリポーカー」だっ!


女子キラワレ小動物がてんこ盛り

このゴキブリポーカー、ゲームで使用するカードのイラストがすごい。登場するのはゴキブリ、クモ、カエル、ネズミ、カメムシ…… 「女子がきらう小動物ベスト10」をやったら間違いなく上位を占めるものばかり! 

ふんふん、聞こえますぞ、みなさんの「なんでそれがトキメクねん!」ちゅうツッコミが。しかぁし、この部分こそトキメキ要因の根源なのですよ。いいですか、まずはこのゲームのルールを簡単に説明します。


そろいも揃った嫌われ者。でもキモカワイラストでかなり愛嬌あり!



ゴキブリを相手に押し付けるゲームなのだ

ゴキブリポーカーは、自分の手札として配られたカード(小動物)を相手に押し付けるゲームです。


さて、この押し付け方なのですが、自分の手番がきたら、他のプレイヤー一人を指名します。(便宜上、指名されたプレイヤーをチャレンジャーと呼びます) そして手札から一枚(小動物)カードを選び、それを伏せて場に出します。


あなたが選んだカードがゴキブリだとしたら「げへへ、これはゴキブリだぞ!」とチャレンジャーにコールします。(このとき嘘のコール、例えば他の小動物である「クモだぞ」といっても一向に差し支えない)


ゴキブリポーカー
うへえっ! ゴキブリ4匹押し付けられるの図。気色悪いけど何故か憎めない。
チャレンジャーは、要はそのコールが真実なのか、嘘なのかを言い当てればよいのです。


チャレンジャーの言い当てが間違っていた場合、このカードはチャレンジャーに押し付けられてしまいます。逆に言い当てが正しかった場合、コールしたプレイヤーに押し付け返すことができます。


キラワレ動物を他のプレイヤーに引き取らせようと、ゲーム中はとにかく嘘、ハッタリ、ブラフが飛び交い、ワイガヤ系のとてもたのしいゲームです。

ちなみに、あるプレイヤーが同じ種類の小動物を4枚押し付けられるとゲーム終了。そのプレイヤーの一人負けです。


次はあの娘がゴキブリポーカーをしたくなる必殺の誘い文句→