キン肉マンのボードゲームを再び手にして

キン肉マン スペシャルゲーム2
『キン肉マン スペシャルゲーム2』
プレイ人数 2~4人
プレイ時間 40分位
今、私の手元に一つのゲームがある。それは『キン肉マン スペシャルゲーム2』だ。前回記事では、ついキン肉マンの思い出に熱くなりすぎてしまいました。今回こそは冷静にゲームをご紹介していきたいと思います。

便宜上、前回の『キン肉マン スペシャルゲーム』をキン1、今回の『キン肉マン スペシャルゲーム2』をキン2と呼びます。キン2もキン1と同じく、手札のファイティングカードを使用して他の超人戦い、最終的なチャンピオンを目指すゲームだ。しかしユニークなのはタッグマッチ戦であるということ!



今度はタッグマッチだ!

キン肉マンが3つのリングで暴れまわる
趣向を凝らした3つのリングが待ち受ける。このボードゲームではタッグマッチ戦で超人たちが激突する。
プレイヤーは超人となり、ノーマルリング→高圧電流リング→謎の特設リングを転戦して行きます。タッグチームは試合ごとに結成・解散され、3戦目のリングで勝利したチームのプレイヤーが真のチャンピオンとなり、最終的な勝者となります。

そして、キン2でもプレイヤーが操るコマはもちろんキン消し! コマの編成はキン1とは異なり、キン肉マングレート、アシュラマン、ザ・サンシャイン、ジェロニモ、バッファローマンとキン肉マン以外は総入れ替え。しかしそれにしても……。



でも、なんでここでジェロニモやねん

一つ疑問がある。このコマのメンツに何故ここでジェロニモがスタメン入りしているところだ。いや、個人的にジェロニモは決して嫌いなキャラではない。またコミック原作の『黄金のマスク編』や『夢の超人タッグ編』で2度対戦しているなどサンシャインとジェロニモとの因縁も理解している。それにしても役者的にはもっとステイタスの高い超人がいただろうに……。

そもそもマッスルブラザーズ(キン肉マン、キン肉マングレート)、はぐれ悪魔コンビ(アシュラマン、サンシャイン)という流れからすれば、バッファローマンと2000万パワーズを組んだモンゴルマンがコマに入っていなければならないはず! ゲーム製作者の好みの問題としか思えず、ジェロニモの起用には謎が残ります。
さて、キン肉マンでタッグマッチといえば、あれに触れないわけにはいかない!それは→