強さを数値化せよ!

将棋や碁ではその人の実力を「段」や「級」である程度判断できるようになっています。では他のゲーム競技でもこのようなシステムはあるのでしょうか?


チェスやバックギャモンでは「レーティング(rating)」と呼ばれるシステムがあります。レーティングとは、プレイヤーのゲームの強さを数値化し、客観的に実力を判断する指標です。


レーティング表
日本バックギャモン協会から送られてくる機関紙には、例会・大会の対戦がレーティング戦として計算され、プレイヤーのランキングが掲載されている。
各プレイヤーは自分のゲームのスコアとは別に、レート(持ち点)を持っています。レーティング戦においては、プレイヤー同士が対戦しゲームの勝敗が決まると、負けたプレイヤーのレートから何ポイントかマイナスされ、減った分は勝ったプレイヤーのレートに加算されます。 


この時の動くポイントは対戦したプレイヤー同士のレートの差によって変動します。レートの高い(すなわち強い)プレイヤーが、レート低い人に勝っても少ししか点数がもらえませんが、逆にハイレートの相手を倒せばかなりポイントが貰えます。


競技やレーティングを管理している団体、サイトによりレーティングの算出方法が異なりますが、例えば双六屋が所属している日本バックギャモン協会では、会員として登録すると、プレイヤーは1300点のレーティングからスタートします。


世界中から尊敬を集めるグランドマスター

グランドマスター
W・マーフィー&M・コクラン共著『グランドマスター』(早川書房)
グランドマスターであり、スパイでもあるチェスプレイヤーを主人公とするSFアクションノベル。
世界中に愛好家がおり、FIDE(世界チェス連盟)という確固とした団体があるチェスでは、そのレーティングは国際的に通用する指標です。

さらに獲得したレーティングに応じての称号があり、その最高位はグランドマスター(通常はGMと表記。FIDEの授けた条件を満たし、かつ2500以上のレーティングをマークしたプレイヤー。終身称号)と呼ばれ、世界中のプレイヤーから大変な尊敬を集めます。



いつだって全力で戦うべし!

レーティング戦
オフィシャルな大会はレーティング戦である場合がほとんど。プレイヤーはいつだって気が抜けない。
レーティング戦のメリットは点数によって相手の強さを客観的に判定できるのと、点数が下がらないようにどんな相手であれ常に全力を尽くさなければいけないことです。


またレーティングによってプレイヤーのランキングが可能になるので、競技志向のプレイヤーにとっては、自分のスキルを向上させるための格好のモチベーションとなります。

例えばこんなところに自分の名を連ねられたら・・・ プレイヤー(チェス限定ですが)にとっては大変名誉なことでしょう。

FIDEの世界のチェスプレイヤー100傑

レーティング戦は、特にネット上での対戦に適しています。というか多くのゲームサイトでレーティングが採用されており、プレイヤーはそのサイトで戦っているだけで、自動的にレーティングを算出してくれます。

またオセロ、そして囲碁や将棋といった国内のクラシックゲームにおいてもレーティングを採用している団体・サイトが多くあります。


もっとも、すべてのゲームにレーティングがあるわけではありません。またハッキリと自分の実力を格付けされてしまうよりも、「お前は下手くそだな」「いや、貴様の方がダメプレイヤーだ」などと仲間内で減らず口を叩き合いながらゲームをするのもそれはそれで楽しいもの。


世の中やたら白黒つけるものが多い中、せめてゲームくらいあいまいなところを残したまま楽しむという姿勢も、もちろん大賛成です。

本日の関連・参考サイト

レーティング関連サイト サイト『緑石のデータ保管庫』のリンク集