スーパースター×スーパースターの最強タッグ

ロックマンといえば、デジタルゲームにおいて、数々の作品が発表されかつ大ヒットしている、超人気シリーズです。一方カタンといえば、アナログゲームにおいて、数々の賞を受賞し、世界中のプレイヤーに遊ばれている人気ゲームです。

この両ジャンルにおいてのスーパースター同士がガッチリと手を組みました。それが『ロックマンエグゼカタン』です。

ロックマンエグゼカタン


タイトル:ロックマンエグゼカタン
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:60分~
発売元:株式会社カプコン
販売元:株式会社ハナヤマ



ルールはオリジナルカタンと同じです。そしてインターフェイスがロックマンという子供にとっても魅力的で、大人にとっても遊び応えがある、スーパーボードゲームの誕生です。当代一の最強タッグといえるでしょう。

細部にまで貫かれるロックマン魂

ロックマンの舞台は電脳世界。ここで活躍するのが「ナビ」というサイバースペースにおけるプレイヤーの分身ともいえるキャラクターです。(ロックマンもナビの一人です) 

サイコロの目や交渉によってゲットできるバトルチップカードを組合せ、電脳世界にあるカタンエリアを開発して、勝利点10ポイントに最初に達したプレイヤーが勝者となります。


カタンにおける『村』は『ナビ』に、またグレードアップとなる『街』は『SPナビ』に置換わっています。

ロックマンエグゼカタン ナビ
よく見ると色だけではなくナビの形もプレイヤーごとに違う!
で、ここで感心したのがこのナビとSPナビのコマです。

通常だいたいどのボードゲームでもコマの区別は色が違う程度なのですが、ロックマンエグゼカタンでは、なんと各プレイヤーごとに担当するナビのキャラクターにちゃんとなっているのです。むうう…さすが。細部にまでロックマン魂が貫かれています。

写真のタイトル
悪役だってバッチリかっこいいぜ!
もちろん『盗賊コマ』だって気を抜いていません。ロックマンの宿敵フォルテがお邪魔役として登場!