世界最速のサイコロ。その実力は如何に?

サイコロの母材はアルミとチタンの2種類です。これをミクロン単位の正確さで削りだして各面が均等な重さになるように作成されています。つまりサイコロの重さに偏りがないため完璧に転がるはずです。さてその振り心地は…


左がチタン製、右がアルミ製 上段がスクエア型、下段がシェイプ型


チタン製の世界最速サイコロを振ってみた

チタンだけあって密度が高くずっしりと重い。その重量ゆえ、転がすためにはかなりのエネルギーが必要となります。通常のボードゲームで使えば、駒やその他のコンポーネントをなぎ倒しながら転がるほどの爆発力をもっています。力なきものは去れ。このサイコロは遊ぶゲームと持ち主を選びます。無骨なまでの重量感と孤高の気高さ。これは大人のための大人のサイコロだ。


アルミ製の世界最速サイコロを振ってみた

か、軽い! 同じくらいの体積のプラスティックサイコロを気持ち重くしたような按配です。その振出しはあくまで軽やか、万人向けのサイコロです。アルミというのは柔らかい金属なので傷がついてしまうのではというご心配されるかもしれませんが、表面に硬質コーティングを施してあるために傷がつきにくく耐性もバッチリ。世界最速ダイス入門篇です。

両サイコロともガイドが持参したバックギャモンボード(ボード表面はフェルト加工)にて振り出しを敢行。金属のため反撥係数は著しく低いので、上空からつまみ落とすだけではすぐに止まってしまいます。投下目標ポイントの手前30cm、高度25cmくらいの中空から一気に下降し、重力+筋力を利用して斜めに振り出すのがベターです。

完璧に転がるかと問われれば… え~と、す、すいませんよくわかりません。普通のサイコロと同じように転がってみえました。でもきっとそれは質的には高レベルの完璧な回転のはずです。ちなみにサイコロのお値段ですが・・・