初代女王の称号は誰の手に!?

優勝賞金は500万円!!! 女流棋士史上最高額のビッグトーナメント「マイナビ女子オープン」 これまで「前夜編」「緒戦編」とレポートしてきましたが、大会はいよいよ大詰め。決勝戦が開始されています。


五番勝負の緒戦は伝説の陣屋旅館にて

熾烈なトーナメントを勝ち抜いてきたのは、矢内理絵子女流名人甲斐智美女流二段の両棋士。

平成20年4月3日に行なわれた「決勝五番勝負」の第一戦目の潜入レポートです。

その表情は観音菩薩にも似て

決戦の場にまず現れたのは、矢内理絵子女流名人。少し遅れて甲斐智美女流二段が席に付きました。ピリリと場の空気が締まります。

さして見学者とプレスの多さが、この試合の注目の高さを物語っています。


左が矢内理絵子女流名人、右が甲斐智美女流二段

印象的だったのは両棋士の試合直前の表情。

集中力を高めるためでしょう、お二方とも瞳を閉じているのですが、双六屋個人の印象では、その表情に険しさはなく、どちらかというと観音菩薩を思わせる穏やかな表情にみえました。

しかしこれはあくまでもこちらの勝手な思い込み。両棋士の心は「必勝」の熱い思いが煮えたぎっているに違いありません。

刻満ちる。試合の幕開けです。


静謐に、そして厳かに駒が盤上に並べられていく。



振り駒により先手は甲斐女流二段



はじまりのはじまり。一手目が静かに指される。


この決勝の地、陣屋旅館がすごかった→