◆あとは、やっぱりゲームも楽しみたい!
ニンテンドーDS活用術【ゲーム編】

当記事では、いわゆる「携帯ゲーム機」らしからぬ便利なソフトや機能をご紹介してきました。そこで! ニンテンドーDSで久しぶりに「ゲーム機」を手に入れてみた人にもオススメしたいゲームをご紹介します。

ファミコン時代ならゲームを遊んでいた、あるいは、まったくゲームを知らないという人でも、『マリオ』がどういうゲームなのかは知っているのではないでしょうか。アスレチックのような仕掛けが盛りだくさんのステージを進んでゴールを目指す……という、2Dアクションゲームの王道ですね。しかし最近は、ゲームの主流が3Dになったこともあり、『マリオ』の新作も3Dで描かれているものばかりです。

ところが! 今月に新発売されるソフト『New スーパーマリオブラザーズ』は、なんと16年ぶりとなる2Dマリオの正統なる完全新作です。十字ボタンとふたつのボタンだけのカンタン操作はそのままに、これまでにない新しいマリオアクションが満載の大冒険を楽しめます。

※画像をクリックすると拡大表示します。
まったく新しいのに、どこか懐かしいアクションステージ。マリオとルイージの2人対戦やミニゲームも収録。
(C) 2006 Nintendo

もうひとつオススメしたい新作ソフトが『マザー3』。こちらはゲームボーイアドバンス用のソフトですが、もちろんニンテンドーDSでも遊ぶことができます。あの有名コピーライター・糸井重里氏がシナリオを手がける、大人気ロールプレイングゲームの第3弾です。

第3弾……とはいえ、前作を知らなくても全く問題なく楽しめますのでご安心を。初心者にもわかりやすいシステムと、親しみやすい世界観、そして糸井氏ならではの絶妙かつコミカルなセリフ回しが人気のヒミツです。きっとプレイヤーは、面白くて、奇妙で、ちょっと切ない思い出を、エンディングにたどり着くまでに幾重にも積み重ねることになるでしょう。

※画像をクリックすると拡大表示します。
現代のアメリカンな雰囲気ただよう世界観。“音”が物語の重要なキーワードとなるのがMOTHERシリーズの特徴。
(C) 2006 SHIGESATO ITOI / Nintendo
Sound:(C) 2006 HAL Laboratory, Inc. / Nintendo

ちなみに、『マザー3』をプレイすれば、きっと前作もプレイしたくなると思います。そんなときは、過去の2作品を1本にまとめて収録した『マザー1+2』が新価格になって再販されたばかりですので、どうぞこちらも遊んでみてくださいね!

【関連ページ】
『マザー3』公式サイト
『マザー1+2』公式サイト

<< 最初のページに戻る

◆まだまだある! ニンテンドーDSの4大活用術↓↓
◆DSが海外旅行をサポート! テレビやネットも観れる!
ニンテンドーDS活用術【旅行・お出かけ編】

◆DSで音楽や動画を楽しむ!
ニンテンドーDS活用術【AVプレーヤー編】

◆脳を、英語力をDSで鍛えられる! 電子辞書にも!
ニンテンドーDS活用術【脳トレ・学習編】

 



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。