『リトルビッグプラネット』は、人形である”リビッツ”が活躍するアクションゲームである。

オーソドックスなタイプの横スクロールアクションだし、見た目が愛くるしい以外には特別な点は見当たらないかもしれない。だが、しかし、このゲームは特別なのである。

『リトルビッグプラネット』とは?

初回特典には実寸大リビッツがついてくる。
パッケージに登場する布製の人形、これがリビッツである。
コレだけで十分可愛らしいが、コントローラーを手にして彼(彼女?)を操作すると、その動作がまたなんとも可愛らしく、それだけで和んでしまう。

リビッツは、我々が見る夢で出来ているというリトルビッグプラネットを舞台に冒険を繰り広げる。
しかしただのアクションゲームではないことはすぐに気が付くだろう。
冒険で入手した衣装や装飾品は好きなように身に着けることが出来るし、シールでもスタンプでもお花でも好きな場所にくっつけることが出来る(もちろん地面にも壁にもリビッツにも、だ)。

用意されたステージを能動的に楽しむことができるというのがこのゲームの素晴らしいところだが、もちろんそれだけではない。リビッツどころかステージまで自分の好きなようにデザイン可能なのである。

今回、筆者は『リトルビッグプラネット』のβテストに参加できたので、プレイした感想をお伝えしよう。あくまでβテストでの感想であり、10月30日発売の製品版とは異なる部分があることをご了承いただきたい。

箱庭型アクションゲーム

リビッツのお着替えは、それだけでもかなり楽しい。
まずゲームを始めると、自分のリビッツが現れる。
二つ以上のコントローラを使用することで多人数プレイも可能だが、その際は他のユーザーとして参加するか、ゲストとして参加するかを決めることが出来た。
家族とプレイする際はあらかじめ家族用のユーザーを作成しておくといいだろう。

βテスト全体において言えることだが、ゲームの進行は豊富なナレーションとビデオにより快適にナビゲーションされた。
操作も段階を経て学習する感じで、もともと簡単な操作法なのですぐに馴染むことが可能だった。
ゲーム開始直後にもリビッツのデザインは変更できる。というか、このゲーム基本的にどのタイミングでも好きなように変更できるのがすごい。
いくつかのステージを体験してアイテムを収集することによって、デザインの自由度はどんどん上がる。アイテムを求めてついついステージを遊んでしまう。

ストーリーモードを開始すると、チュートリアルを兼ねた簡単なステージが体験できた。
基本的には横スクロールの、いわゆるスーパーマリオタイプのアクションだが、奥行きの概念があり、ステージの立体感と相まってまるで飛び出す絵本の中で遊んでいるような気分になる。

リビッツの操作は走ったり跳んだり、またはステージ上のものを掴んだりするだけ。
たったそれだけの操作だが、ステージ上の仕掛けが豊富なため決して単調という印象はない。

製品版でも体験できるであろうストーリーモードの序盤は、牧歌的でありながら驚きのあるものだった。
しかし、冒頭でも述べたようにこのゲーム最大の驚きはこのあとなのである。