新型PS3は2色。ホワイトカラーは新型にしかない!
11月11日に発売一周年を迎えたPS3。
39,980円の廉価版PS3と振動に対応したコントローラ、DualShock3がこの節目の日に販売され、それにあわせるように幾つもの目玉タイトルが発売された。

すでに20GB版と60GB版は5,000円の値下げが実施され、そろそろ買い時の空気が漂ってきたように思う。

発売日からPS3の行く末を見守ってきた当サイトとしては、購入意欲の増してきたユーザーたちのために「PS3購入」をナビゲートしたいと思う。
「PS3には種類がたくさんあってわかりにくい」
「結局なにができるの?」
「オススメゲームは何?」
というユーザーは参考にしてほしい。

3モデルはどう選ぶ?

現在発売されているPS3は3モデルである。
HDD容量のほか、PS2との互換の有無などかなりの違いがあるので注意して欲しい。

HDD容量 40GB 20GB 60GB
PS2との互換 なし あり あり
メモリーカードスロット なし なし あり
無線LAN あり なし あり
USB端子 2 4 4
SACDの再生 不可
価格 39,980円 44,980円 54,980円

購入にあたってはまず「PS2の互換」が必要かどうかに注目したい。
家庭にPS2があってまだまだ現役だというユーザーは40GBの互換なしモデルが一番安価でオススメだ。このモデルは新設計となるので、消費電力も抑えられている。

だが他のモデルには、PS3でPS2タイトルをプレイする際には画質をある程度補正して美しくしてくれる機能がある。これはかなりの効果があるので、テレビがHD対応でこの機能に興味があるのなら20GBと60GBを積極的にプッシュしたい。

20GBと60GBにはさまざまな違いがあるが、PSPとの無線LAN接続やHDD容量のアドバンテージから言ってやはり60GBのほうがオススメだ。
ただし、HDDを自力で大容量のものに交換することも可能だし、無線LANやメモリカードのリーダライタは手持ちのものを流用することも可能なので、家電に強いユーザーはあえて安価な20GBを選択してもそれほどデメリットは感じないかも知れない。

以前筆者は20GBモデルをプッシュしていたが、HDD容量の物足りなさ、交換の手間を考えるとライトユーザーこそ60GBモデルのほうが安心できるかもしれない。

注意したいのは、どのモデルも同梱されるコントローラーは振動しないということ。2人プレイも視野に入れて振動型コントローラー『DualShock3』をあわせて購入しておいたほうが幸せになれると思う。

■関連ガイド記事:PS3ついに値下げ!に三つの「?」