遠い世界の次世代DVD戦争

 
Blu-rayDiscとHD DVD。多くの人にとって実感が持てないのは何故…?
今年の頭くらいから、次世代DVD規格において、Blu-rayDiscがほぼ勝利を手中にしつつある、というニュースをよく見かけるようになった。
PS3でも視聴できるBlu-rayDiscなんだからやっぱりこっちが有利なんじゃ? と思ったがそれだけではなく、去年末の状態でPS3を含まず、シェアがほぼ9割だというのである。

ブルーレイがシェア9割超 次世代DVD年末年始商戦|IT|経済|Sankei WEB

なるほどなー、そうなのかー。
と思いつつも、なんだか別世界の話のような気がする。
家電販売店に行けばBlu-rayDiscプレイヤーもHD DVDプレイヤーも買える。
ちょっと大きいDVDショップに行けばBlu-rayDiscもHD DVDも見かける。
なのに、である。
世間一般では体感的に「別にどっちが勝ってもいいや」というような雰囲気である、気がする。
この違和感は何なのだろうか?

今回アンケートも用意したので、是非皆様のご意見もお聞かせ願いたい。

PS3にBlu-rayドライブって必要だと思いますか?

なぜPS3にBlu-rayが搭載されているのか?

 
高密度、大容量と言うイメージのBlu-ray。Xbox360と違いHDDが全モデルに搭載され、しかもメディアが大容量と言うアドバンテージを生かせれば!
もともとPS3は「Blu-rayDiscが再生できる!」という非常にリッチな環境を持って誕生した。
そんなに大容量じゃなくてもいいような気もするが、何せBlu-rayは非常にセキュアな規格であり、不正コピー許すまじ! の立場から言ってもDVDより望ましいというわけである。
正直に言って、DVDはすでにセキュリティーに弱い「過去のメディア」と言って良い状態にある。多くの良識ある人は実行には移さないものの、あらゆるDVDソフトはクラックされ、データを抜き取ることが(それも、いとも容易く)可能である。立場をわきまえつつ言ってしまえばPS2のソフトを不正コピーして遊ぶことも可能なのだ。コンテンツホルダーの立場ではDVDに代わるセキュアなメディアは急務なのである。

だが、コピーコントロールCDの時にも「メーカーの事情でわけのわからないCDを買わされ、挙句iPodで再生できないし音も悪い」というようなユーザー側の嫌悪感みたいなものがあった。
本来DVDでいけるなら、なんとなく割高感のあるBlu-rayDiscじゃなくても、というような気がする。
だが今のところPS3のソフトの高さがメディアのせいだという話も聞かないし、むしろたまに投売りされていたりするのも見かける。量産効果が出ればDVDと同程度の価格でプレスできるというのも期待が持てそうだ。そう考えると、Blu-rayの「問題点」は絞られる。

そう。Blu-rayであるただひとつの問題は、PS3自体が高いことである。