懐かしくもあり、新鮮でもある夏休み
夏休みを目前にして、頻繁にCMがオンエアされている『ぼくのなつやすみ2』。印象的なCMなので「どんなゲームなんだろう」と気になっている人も多いのではないでしょうか。

このゲーム、現在30歳前後の人には懐かしく感じるでしょうし、現役の学生さんなら実生活ではない「もうひとつのなつやすみ」を体験できることでしょう。

さて、学生のころは心待ちにしていた夏休み。もちろん夏じゃないと体験できない様々なイベントが待っている特別な長期休暇なわけですが、皆さんはどのような夏休みを体験されてきたでしょうか?

浴衣を着て夏祭りに行ったり近所の空き地で花火をしたり、海水浴、キャンプ、昆虫採集などで遊んだり、遊びすぎて手付かずの宿題を慌てて消化したりなど色々な思い出があることでしょう。かく言う僕もいつまでたっても宿題に手をつけず、出校日あたりになってようやく自分の置かれている状況を把握するというのが毎年お決まりのパターンでした。

さて、それでは『ぼくのなつやすみ2』でなつかしの夏休みを満喫することができるのでしょうか!? 今回はそれを考えてみましょう。


『ぼくのなつやすみ2』はこんなゲームだ



『ぼくのなつやすみ2』はヒットした前作『ぼくのなつやすみ』の続編です(『ぼくのなつやすみ』は去年の記事「夏休みにはこれで遊ぼう」でも取り上げています)。主人公「ボク」は、母が臨月を迎えたので伊豆半島の田舎町に住むおじの家に預けられることになった9歳の少年。彼の顔を見た瞬間にLionの薬用せっけんを思い起こしてしまいますが気にしないようにしましょう。

ボクは、田舎町の自然の中で昆虫採集や魚釣りを楽しみながら、都会では経験できない様々なことを経験していきます。

それはのんびりとした時間の流れだったり、人懐こい人々との出会いだったり、同年代の少年との虫相撲だったり、だんだんと上手になる素潜りだったりします。それでは、ボクといっしょに懐かしい一夏を過ごしてみることにしましょう。